Archive for the ‘無車検・無保険’ Category

兵庫県の無車検運行事件 物損事故で弁護士

2015-09-19

兵庫県の無車検運行事件 物損事故で弁護士

Aさんは兵庫県相生市で発生した車と車による物損事故の当事者です。
弁護士が話を聞いたところ、どちらかといえば、Aさんの過失の方が小さいようでした。
しかし、相談を受けるうちに、Aさんが無車検車運行罪に問われるかもしれないことが大きな問題となりました。
明日、Aさんは兵庫県警相生警察署で取調べを受ける予定です。
(フィクションです)

~物損事故と刑事責任~

物損事故とは、交通事故の中でも物的な被害しか発生していないもののことを言います。
物損事故の場合、一部の例外を除いて、罰金や懲役を科せられる刑事責任は問題となりません。
ご安心ください。

一部の例外とは、例えば、重い過失により交通事故を起こし他人の家を壊してしまったような場合です。
この他、わざと交通事故を起こし、他人の物を壊した場合も犯罪になります。

~交通違反の発覚~

上記のように、物損事故それ自体は、基本的に刑事責任の対象となりません。
しかしながら、交通違反事件の法律相談で多いのが、物損事故をきっかけに交通違反が発覚してしまったというケースです。
・飲酒運転
・無免許運転
無車検車運行
・無保険車運行
など、交通違反事件の多くは、ちょっとした気の緩みからおきる物損事故がきっかけで発覚しています。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
そのため基本的に物損事故の法律相談は、受任対象になりません。
しかし、それがきっかけで発覚した交通違反事件については、弊所の専門分野となってきます。
無車検車運行の事実が発覚して困っているという場合は、ぜひ評判のいい弊所の弁護士にご相談下さい。
(兵庫県警相生警察署 初回接見費用:4万5760円)

大阪府の車検切れで逮捕 不起訴処分に強い弁護士

2015-07-30

大阪府の車検切れで逮捕 不起訴処分に強い弁護士

Aさんは、車検切れに気が付かないまま、自動車を走行していました、
Aさんは無車検車運行罪によって大阪府警鶴見警察署に逮捕されてしまいました。
Aさんの父は、本件が不起訴処分で終わるよう、急遽弁護士に相談することにしました。
(この事件はフィクションです)

~無車検車運行罪とは~

無車検車運行罪とは、車検を受けることなく、あるいは車検が切れたまま運転することによる罪です。
同罪は、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金になります。
ただし、車検が切れていることを知らなかったのであれば、このような罰則を受けることはありません。

無車検車運行罪により逮捕されたとしても、初犯であれば罰金処分で済むことが多いです。
しかし、無車検車運行罪の前科がありながらこれを繰り返している場合や執行猶予期間中であった場合には実刑判決がでる可能性があります。

無保険車運行罪の容疑をかけられてしまっても、不起訴処分を得ることは可能です。
無保険車運行罪で逮捕されてしまった場合には、速やかに評判のいい弁護士に相談してください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事故・交通違反事件をはじめとする刑事事件専門の弁護士事務所です。
なお、大阪府警鶴見警察署に逮捕されてしまった場合には、初回接見サービスがおすすめです(初回接見費用:3万6300円)。

大阪府の無保険車運行罪で勾留 前科に強い弁護士

2015-07-29

大阪府の無保険車運行罪で勾留 前科に強い弁護士

Aさんは、自動車損害賠償保険法上の無保険車運行罪大阪府警都島警察署に逮捕されました。
まさか無保険で逮捕されるとは思っていなかったようです。
弁護士前科を阻止できるよう、早速弁護活動に取り掛かりました。
(この事件はフィクションです)

~無保険車運行罪~

無保険車運行罪とは、自賠責保険に未加入で車を運行することを罰するものです。
これは、交通事故の被害者の被害を救済することを目的としています。
1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。
また、自賠責保険の証明書の不所持も30万円以下の罰金になります。

無保険車運行罪は、たとえ事故を起こさなくても罰せられるものです。
しかしながら、実際は交通事故・交通違反事件により逮捕された際に判明することが多いようです。
たとえ交通事故などを起こしていたくても、罰金や懲役の刑を言い渡されれば、前科が付いてしまいます。

前科をつけたくないという場合には、不起訴処分や無罪を目指すしかありません。
その場合、無保険であることを認識していなかったと主張すれば、不起訴処分や無罪を勝ち取れるかもしれません。
こうした主張を効果的に行うためにも、無保険車運行罪の容疑をかけられたら迅速に弁護士に相談しましょう。
迅速なご相談が不起訴処分、無罪につながります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は無保険車運行罪等の交通事故・交通違反事件に強い弁護士事務所です。
刑事事件に特化した弁護士が前科回避に向けて親身に対応致します。
お困りの方はぜひ1度ご相談下さい。
なお、大阪府警都島警察署に逮捕されてしまった場合には、初回接見サービスがおすすめです(初回接見費用:3万5500円)。

大阪府の車検切れで逮捕 無罪に強い刑事事件専門の弁護士

2015-07-14

大阪府の車検切れで逮捕 無罪に強い刑事事件専門の弁護士

Aさんは、車検を更新することなく自動車を走行していました。
その後、検問によって車検切れであることが発覚し、大阪府警此花警察署逮捕されました。
まさか車検切れで逮捕されると思っていなかったAさんは、初回接見にきた弁護士に釈放されるようお願いしました。
(これはフィクションです)

~車検切れの罰則~

車検とは、「自動車検査登録制度」の略称です。
自動車などが法定された安全基準を備えていることを確認し、その所有権を公証する制度です

日本では、法律上、新車時を除いて2年に1回車検を受けることが義務付けられています。
受けるべき時期に車検を受けないで車を運転している場合には、罰則があります。
6か月以下の懲役または30万円以下の罰金です。

ただし、車検が切れていることを知らなかったのであれば、このような罰則を受けることはありません。
たとえ無車検運行の罪に問われても、不起訴処分・無罪になります。
このような主張を効果的に行うためにも、車検切れの容疑をかけられたら迅速に弁護士に相談しましょう。
迅速なご相談が釈放や不起訴処分・無罪等につながります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は車検切れ等の交通事故・交通違反事件に強い刑事事件専門の弁護士事務所です。
刑事事件に特化した弁護士交通事故・交通違反事件における無罪獲得のご相談にも親身に対応致します。
お困りの方はぜひ1度ご相談下さい。
なお、大阪府警此花警察署に逮捕されている場合には、初回接見サービスがおすすめです(初回接見費用:3万5100円)。

愛知県の交通事件で逮捕 無車検・無保険車の事故に強い弁護士

2015-02-22

愛知県の交通事件で逮捕 無車検・無保険車の事故に強い弁護士

愛知県岡崎市在住のAさんは、岡崎公園に向かう途中、自身の脇見運転が原因で自転車との交通事故を起こしてしまいました。
通報を受けて駆け付けた愛知県警岡崎警察署の警察官は、Aさんを過失運転致傷の罪で現行犯逮捕しました。
その後の取調べで、Aさんが事故当時運転していた車両は、無車検・無保険であったということが明らかになりました。
(フィクションです)

~無車検・無保険車で走行すると・・・~

自動車で道路を走行する場合、ドライバーには様々な義務が課せられます。
例えば、自動車を道路で走行させるためには、2年に1度車検を受けなければなりません。
これを怠って有罪判決を受けた場合(無車検車運行の罪)、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

また自動車を道路で走行させる場合、保険に加入していることも必要です。
自賠責保険または自賠責共済に加入せずに自動車を運転している場合(無保険車運行の罪)、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

~無車検・無保険車で交通事故を起こすと・・・~

上記の義務を果たさない場合、それ自体が罪となるだけでなく、刑の重さに影響することもあります。
例えば、平成15年12月3日の神戸地裁判決や同年5月29日の同じく神戸地裁判決は、いずれも無車検・無保険車による事故であることを刑の加重理由に挙げています。
車検や自賠責保険の制度は、自動車が持つ危険性に鑑み、事前事後において被害者の保護を図ろうとする制度です。
ですから、これらの制度に対して無関心な姿勢は、裁判官に対しても、自動車によって生じる被害を防止しようという意識が希薄であるとの印象を与えてしまいます。
交通事故の場合に、その行為態様の悪質性を高める事情とされるのは当然でしょう。

ちなみに、最近は自転車が加害者となる交通事故事件も多数取りざたされるようになってきましたが、自転車の車検や保険の制度はあまり浸透していないようです。
しかし、自転車にも車検や保険の制度があります。
自転車事故の場合、無車検・無保険車両であることが多いため、トラブルが深刻化することも多々あるようです。
そうならないためにも、車検・保険制度には、日頃から関心を持ち事前に対策を進めておくことをお勧めします。

無車検・無保険車による交通事故事件などでお困りの方は、ぜひ愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談下さい。
刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所として、万全の弁護活動を行います。
なお、愛知県警岡崎警察署に逮捕されてしまった場合、7万9120円で初回接見を行うことができます。

名古屋の無保険車運行事件 交通事件に詳しい弁護士

2014-12-04

名古屋の無保険車運行事件 交通事件に詳しい弁護士

愛知県警北警察署は、ごみ収集業を営む50代男性Aを自動車損害賠償保険法違反で逮捕したと発表しました。
同署によると、Aが経営している会社の従業員が、ごみ収集中に無保険車運行の罪で検挙されたことをきっかけに事件が発覚しました。
(フィクションです)

~無保険車運行の罪とは・・・~

2014年11月1日の産経ニュースによると、無車検・無保険でごみ収集をしていたとして大分県の会社社長が逮捕されたそうです。
今日のテーマは、無保険車運行の罪です。

無保険車運行とは、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)または自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)に加入せず、自動車などを運転することです。
これは、自動車損害賠償保険法違反として刑事処罰の対象となります。
法定刑は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。
また、自賠責保険に加入していたとしても、自賠責保険証明書を携帯せずに自動車を運転した場合は、罪に問われます。
この場合、法定刑は30万円以下の罰金です。

こうした罪は、比較的軽い罪であるといえます。
しかしながら、犯罪であることに変わりはないですから、違反すれば逮捕される可能性があります。
また、有罪判決を受ければ、前科も付きます。
自賠責保険への加入は、車を運転する人の義務です。
交通違反事件で人生を狂わせてしまうことがないよう、必ず加入しましょう。

~無保険車による交通事故被害者の方へ~

無保険車によって交通事故被害を受けてしまった場合にも、弁護士にご相談下さい。
例えば、加害者側から示談交渉したいと持ち掛けられた場合も、安易に応じることは危険です。
示談交渉の経験が乏しい一般の方が示談交渉を行う場合、法律知識の不足などが原因で、

・法律的に効果が認められない示談交渉をしてしまう
・感情的になってしまい示談交渉がまとまらない

といった、状況に陥ってしまう危険性があります。
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、交通事故事件も扱う刑事事件専門の弁護士事務所ですが、被害者の方に代わって示談交渉することも可能です。
弊所が行う示談交渉の多くは、加害者側について行います。
しかし、こうした示談交渉の経験から被害者の方が、どのような気持ちで何をお望みかも熟知しています。
ですから、被害者側での示談交渉も安心してお任せ下さい。

この他、被害者救済のための公的制度をご説明したり、必要な手続きを代行することも可能です。
交通事故事件においても様々な被害者救済制度が用意されています。
しかし、これらは非常に細かく難解です。
弊所にお越しいただければ、難しい被害者救済制度の構造も、刑事事件専門の弁護士が分かりやすく解説します。
弁護士と直接話せる法律相談は、無料です。
無保険車運行罪などでお困りの方は、被害者の方でもぜひ一度、ご相談下さい。

Newer Entries »
Copyright(c) 2016 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.