Archive for the ‘無車検・無保険’ Category

奈良市の交通事件で逮捕 無保険運行・無車検運行で頼れる弁護士

2016-12-23

奈良市の交通事件で逮捕 無保険運行・無車検運行でも頼れる弁護士

奈良市在住のAさんは、同市内を自車で走行中、交通検問に遭遇しました。
警察官がAさんの車を調べると、保険に入っておらず、車検も切れていることが分かりました。
Aさんはそのまま、自動車損害賠償保障法違反、道路運送車両法違反の容疑で奈良県警奈良西警察署現行犯逮捕されてしまいました。
(フィクションです)

~無保険運行・無車検運行~

交通事件と聞くと、人身事故や物損事故、無免許運転などをイメージする方が多いでしょう。
しかし、無保険運行無車検運行も立派な交通事件です。

まず、車を運転する場合には保険に入らなければいけません。
自動車損害賠償責任保険、いわゆる自賠責です。
保険に加入せずに自動車を運転すると、自動車損害賠償保障法違反となってしまいます。
法定刑は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

また、車検を受けていない自動車で走行することも犯罪となってしまいます。
車検切れのまま走行していた場合でも同様です。
道路運送車両法違反となり、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金です。

法定刑だけ見ると、あまり重い犯罪には感じない方も多いでしょう。
初犯であれば、略式裁判で罰金になるケースも多いようです。
しかし、必ず罰金になるというわけではありません。
同種の前科が過去にあったり、以前にも無保険運行無車検運行を咎められたことがあるような場合には、正式裁判になる可能性もあります。
ネット等では「罰金で済む」という情報もあります。
しかし、ネットの情報を鵜呑みにせず、まずは交通事件専門の弁護士に相談してみることが重要ではないでしょうか。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は交通事件を含む刑事事件専門の法律事務所です。
今まで、数多くの交通事件を解決に導いてきた実績があります。
些細な交通事件だと軽く思っていても、思わぬ結果になってしまうこともあります。
ですので、交通事件に巻き込まれてしまった方は、すぐに弊所の弁護士にご相談ください。
無料相談と初回接見サービスをご用意してお待ちしております。
(奈良県警奈良西警察署 初回接見費用:3万9000円)

神戸市の無車検車運行事件で逮捕 無料法律相談と弁護士

2016-01-09

神戸市の無車検車運行事件で逮捕 無料法律相談と弁護士

神戸市に住む30代会社員女性Aさんは、兵庫府警東灘警察署により無車検車運行の容疑で書類送検されました。
Aさんは検察官より取調べの日時の調整の電話を受けました。
Aさんはどのような刑事処罰になるのか今後に不安を感じて交通違反事件に強いと評判のいい弁護士事務所無料法律相談に行こうか迷っています。
(フィクションです。)

~無車検車運行事件の無料法律相談~

ひとえに無車検車運行事件と言っても、

不起訴処分となるのか
・略式手続きによる罰金刑となるのか
・正式裁判で執行猶予が付くのか
・正式裁判で実刑判決になるのか
それぞれの事件によって今後の見通しが異なってきます。

例えば、
かつて無車検車運行によって罰金執行猶予付き判決などの刑事処罰を受けている場合には、刑事処罰が重くなる事情として考慮されます。
無車検車運行によって刑事処罰を受ける場合、初犯であれば略式裁判による罰金処分になるケースが多いと言われています。

しかし、あまりに無車検車運行の回数が多いケースや期間が長期にわたるケースですと初犯でも正式裁判になるケースもありえます。
そこで、無車検車運行事件では
・いつから
・どの程度の期間
・何回程度
無車検車運行をしてしまったのか、といったことや、以前にも無車検車運行をして刑事処罰を受けたことがあるか、といったことをお聞きします。
以上のような点から事件の内容を詳しく把握し、今後の見通しについてご説明やアドバイスをいたします。

あいち刑事事総合法律事務所は、刑事事件・少年事件を取り扱う法律事務所です。
無車検車運行事件に関する豊富な弁護士が万全の弁護活動をいたします。
初回の法律相談は無料です。
無料法律相談の受付は土日祝日含む24時間、365日受けたまわっております。
(兵庫県警東灘警察署 初回接見費用:36900円)

名古屋市の無保険車運行事件で逮捕 罰金の弁護士

2015-11-29

名古屋市の無保険車運行事件で逮捕 罰金の弁護士

名古屋市中川区在住10代男性フリーターAさんは、愛知県警中川警察署により無保険車運行(自動車損害賠償保障法違反)の容疑で書類送検されました。
Aさんは、以前にも無保険の車を運転し、罰金刑に処せされた前科がありました。
正式裁判を恐れたAさんは、どうしても罰金刑にとどめてほしいと思い、交通違反事件に強い弁護士に相談へ行きました。

~無保険と逮捕~

無保険車運行を起こしてしまった場合、逮捕されてしまうケースは多くありません。
もし逮捕・勾留されてしまっても、弁護士を通じて証拠隠滅や逃亡のおそれがないことを主張すれば、早期に釈放される可能性があります。
一方、逮捕・勾留されてから何もしなければ、釈放される可能性は確実に減少するでしょう。
早期の釈放を望まれる方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。

~無保険と罰金~

無保険車運行により刑事処罰を受ける場合、初犯であれば罰金刑となる可能性が高いといえます。
しかし、上記例のAさんのように、過去に無保険車を運転して罰金刑を受けたことがある方は注意が必要です。
無保険の回数や期間の長さにより異なりますが、略式手続きによる罰金刑とならず正式裁判になることもあります。
正式裁判になってしまえば、懲役刑の実刑判決に至る可能性も出てきます。

過去に無保険車運行を繰り返している人や執行猶予期間中の再度の無保険運行の場合は、執行猶予が付かない実刑判決となることもあります。
罰金刑にとどめてほしい、執行猶予判決にしてほしいという方は、まずは弁護士事務所にご相談ください。

無保険車運行事件を起こし、罰金刑にとどめたい方は、交通違反事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
正式裁判を回避し、罰金処分にとどめた経験を持つ弁護士が多数在籍しております。
交通事故・交通違反事件に強みを持つ法律事務所ですので、お困りの方はぜひ無料相談にお越しください。
(愛知県警中川警察署 初回接見料:35000円)

大阪市の無車検車運行事件で逮捕 刑罰の弁護士

2015-11-17

大阪市の無車検車運行事件で逮捕 刑罰の弁護士

大阪市住之江区在住30代男性自営業Aさんは、大阪府警住之江警察署により道路運送車両法違反(無車検)の容疑で書類送検されました。
刑罰を心配したAさんは、交通違反に強い弁護士事務所弁護士に相談しました。
交通違反に強いB弁護士は、Aさんの刑罰が軽減されるような弁護活動を開始しました。

~無車検と刑罰~

車検を受けないで自動車等(自動二輪車も含む)を運転した場合、道路運送車両法違反として刑罰の対象となります。
自動車等を購入した場合の多くは車検済みですので、無車検となるケースは多くはありません。
多くのケースは車検証の有効期限が切れている状態で、自動車等を運転したというものです。
無車検車運行の法定刑は、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金です(道路運送車両法第58条1項、108条)。

~交通事故・交通違反に強い法律事務所~

交通事故・交通違反事件を起こしてしまった方は、免許の停止・取消などという行政処分を受ける行政責任や被害者への金銭賠償という民事責任を負います。
そして、それとは別に、刑事責任として国から刑罰を問われることになります。
刑事事件としての刑罰については、罰金刑や懲役刑を受けるイメージを持って頂けると分かりやすいと思います。
一般的に、刑罰を受けるような刑事事件にかかわる方は多くはないと思います。
ですが、自動車が普及した現代では、刑事事件に関わる可能性は十分にあり得ると言えます。
もし交通事故・交通違反事件に巻き込まれてしまったら、交通事故・交通違反事件の経験豊富な弁護士に依頼することをおすすめします。

刑罰についてお悩みの方は、交通事故・交通違反事件の経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
道路運送車両法違反はもちろん道路交通法違反をはじめ、多くの交通事故・交通違反事件を取り扱っております。
刑罰を軽減した実績も多数ございますので、まずは当法律事務所までお問い合わせください。
(大阪府警住之江警察署 初回接見料:36000円)

大阪市の無保険車運行事件で逮捕 初回接見の弁護士

2015-11-08

大阪市の無保険車運行事件で逮捕 初回接見の弁護士

大阪市旭区在住20代男性無職Aさんは、大阪府警旭警察署により無保険車運行自動車損害賠償保障法違反)などの容疑で逮捕されました。
大阪府警旭警察署から事情を聴きつけた、Aさん妻は、交通違反に強い弁護士事務所初回接見を依頼しました。
初回接見を行った弁護士は、交通違反の弁護活動経験が豊富な弁護士でした。

今回の事件は、フィクションです。

~無保険車運行とは~

自動車損害賠償保障法の中に、自動車損害賠償責任保険・共済(いわゆる自賠責保険・共済)に加入せずに自動車等を運行した場合に刑事処罰される規定があります。
これに該当する行為のことを「無保険車運行」と言います
自動車損害賠償保障法と言われても、あまり聞きなれない法律だと思います。
具体的な法定刑は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金です(自動車損害賠償保障法第5条、86条の3)。

~初回接見の特徴~

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見サービスを提供しております。
初回接見サービスとは、ご契約前に、弁護士が、警察署などの留置施設に出張して、逮捕・勾留されている加害者・容疑者の方と面会するサービスです。
初回接見サービスのメリットは以下の通りです。
・逮捕後、早い段階で弁護士が加害者・容疑者のもとへ赴き、取調べや事件の見通しなどのアドバイスを受けることができる。
逮捕、勾留されている加害者や容疑者が、直接接見を受けて弁護士に依頼するか決めることができる。
・本契約と比べて安価な価格なため、利用がしやすい。

逮捕・勾留後、初回接見を希望される方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
法律事務所では、大阪府内でも多くの初回接見を行っております。
交通違反・交通事故に強い弁護士が在籍しておりますので、是非初回接見をご利用ください。
(大阪府警旭警察署 初回接見料:37100円)

愛知県の無車検車運行事件で逮捕 前科回避の弁護士

2015-10-24

愛知県の無車検車運行事件で逮捕 前科回避の弁護士

愛知県一宮市在住20代男性自営業Aさんは、愛知県警一宮警察署により無車検車運行道路交通法違反)の容疑で書類送検されました。
Aさんは、所有している原動機付自転車を運転中、職務質問をされ、無車検車運行であることが発覚したそうです。
後日、愛知県警一宮警察署に来るように言われたため、Aさんは、交通違反に強い弁護士事務所へ相談に行きました。

今回の事件は、フィクションです。

~不起訴処分とは~

交通違反・交通事故事件を起こした人に前科が付かないようにするためには、不起訴処分を獲得することが挙げられます。
もちろん、身に覚えのない場合は無罪を主張し、無罪判決が認められれば、前科は付きません。
しかし、交通違反・交通事故を起こしたことが事実であれば、不起訴処分の獲得を目指して前科回避に向けて活動することになります。
不起訴処分を獲得できれば、前科が付かないだけではありません。
逮捕勾留されている場合、加害者・容疑者は釈放されます。
逮捕勾留後、早い段階で釈放されれば、通常通り会社や学校に通える可能性がでてきます。

~早期の弁護活動~

交通違反・交通事故事件で不起訴処分を獲得するためには、捜査の初期段階から弁護士を通じて適切な弁護活動をすることが有効となります。
交通違反・交通事故といった刑事事件では時間が非常に大切となり、早い段階で弁護活動をすることで不起訴処分を獲得できる可能性が高まります。
逮捕後、勾留後の釈放についても同じことが言えます。
まずは、交通違反・交通事故に強い弁護士に相談することをおすすめします。

無車検車運行事件はお困りの方は、交通違反・交通事故に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
交通事故・交通違反の経験を積んだ弁護士が在籍している法律事務所となります。
お客様のご都合のよい時間に、無料法律相談等をご利用ください。
(愛知県警一宮警察署 初回接見料:36700円)

愛知県の無保険事件で逮捕 罰金の弁護士

2015-10-12

愛知県の無保険事件で逮捕 罰金の弁護士

愛知県豊橋市在住20代男性契約社員Aさんは、愛知県警豊橋警察署により無保険車運行自動車損害賠償保険法違反)の容疑で書類送検されました。
同署によると、市内道路で警察官の職務質問を受けた際に、Aさんが無保険車であることが判明したようです。
Aさんは、過去に同じ容疑で書類送検され、不起訴処分を受けていた前歴があります。

今回の事件は、フィクションです。

~無保険車でも処罰されるのか~

ここでいう無保険車とは、いわゆる自賠責保険や自賠責共済に加入せずに自動車または自動二輪車を運転することをいいます。
ここに任意保険等は含みません。
通常、自動車や自動二輪車を購入する際、いわゆる自賠責保険や自賠責共済といったものは加入した状態で渡されます。
ですから、一般的に無保険車運行で刑事処罰される場合は、保険の期限が切れてしまっているケースが多いでしょう。

なお、自賠責保険・自賠責共済に加入しているが、証明書を携帯していなかった場合も、自賠責保険証明書不携帯として、30万円以下の罰金が科せられます。

~不起訴処分の獲得を目指す~

無保険車運行の容疑として検挙されてしまうと、初犯の場合、罰金刑の可能性が高くなります。
罰金刑を受けてしまうと、前科がついてしまうことになります。
前科がついてしまうと、一定の国家資格保有者は欠格事由に該当したり、受験資格を喪失してしまったりします。
また、一度前科がついてしまうと消えることはありません。

一方、不起訴処分であれば、前科がつくことなく事件を終わらせることができます。
まずは、交通違反・交通事故事件に強い弁護士に相談することをおすすめします。

無保険車運行事件でお困りの方は、不起訴処分を多数獲得している弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
示談締結をはじめ被疑者に有利な証拠を集め、不起訴処分獲得のための弁護活動を行っております。
当事務所は専門刑事事件としておりますので、刑事事件でお困りの方はお問い合わせください。
(愛知県警豊橋警察署 初回接見料:40860円)

京都市の無車検車運行事件で逮捕 刑務所にいかない弁護士

2015-09-29

京都市の無車検車運行事件で逮捕 刑務所にいかない弁護士

京都市左京区在住20代女性Aさんは、京都府警川端警察署により無車検車運行の容疑で書類送検されました。
同署によると、Aさんは、以前にも無車検車を運転して刑事処分を受けたことがあるそうです。
取調べに対しAさんは、容疑を認めているそうです。

今回の事件はフィクションです。

~以前にも処罰を受けている場合~

上記事件のように、かつて無車検車運行によって刑事処罰を受けている場合、それは刑事処罰が重くなる事情として考慮されます。
無車検車運行の回数や期間の長さにもよりますが、場合によっては正式裁判になるケースもみられます。
正式裁判になってしまうと、実刑判決を受け刑務所へ収容されてしまう可能性も出てきます。
刑務所に収容されないためには、執行猶予付き判決を獲得する必要があります。

~執行猶予付き判決とは~

執行猶予とは、裁判所が言い渡す有罪判決に付される猶予期間のことです。
つまり、執行猶予付き判決を受ければ、刑の執行が一定期間猶予されることになるので、すぐに刑務所に入らなくてよいことになります。
執行猶予付き判決後は、自宅に戻って通常通りの生活を送ることができます。
同じ有罪判決でも、刑務所に服役しなければならない実刑判決とは大きく異なります。
執行猶予付き判決を獲得するためにも、交通違反・交通事故事件に強い弁護士に依頼することをお勧めします。

執行猶予付き判決を受けても、注意しなければならないことがあります。
それは、執行猶予期間中に犯罪を犯した場合は、執行猶予が取り消されてしまうことです。
執行猶予の取り消しがなされれば、猶予されていた前刑と新たに犯した犯罪の刑を合わせて刑務所で服役しなければならなくなります。

無車検車運行事件でお困りの方は、執行猶予付き判決を多数獲得している弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
執行猶予付き判決を獲得するために、交通違反・交通事故事件に強い弁護士が全力で弁護活動いたします。
まずは初回無料相談、逮捕されている場合は初回接見サービスをご利用ください。
(京都府警川端警察署 初回接見料:40000円)

兵庫県の無車検運行事件 物損事故で弁護士

2015-09-19

兵庫県の無車検運行事件 物損事故で弁護士

Aさんは兵庫県相生市で発生した車と車による物損事故の当事者です。
弁護士が話を聞いたところ、どちらかといえば、Aさんの過失の方が小さいようでした。
しかし、相談を受けるうちに、Aさんが無車検車運行罪に問われるかもしれないことが大きな問題となりました。
明日、Aさんは兵庫県警相生警察署で取調べを受ける予定です。
(フィクションです)

~物損事故と刑事責任~

物損事故とは、交通事故の中でも物的な被害しか発生していないもののことを言います。
物損事故の場合、一部の例外を除いて、罰金や懲役を科せられる刑事責任は問題となりません。
ご安心ください。

一部の例外とは、例えば、重い過失により交通事故を起こし他人の家を壊してしまったような場合です。
この他、わざと交通事故を起こし、他人の物を壊した場合も犯罪になります。

~交通違反の発覚~

上記のように、物損事故それ自体は、基本的に刑事責任の対象となりません。
しかしながら、交通違反事件の法律相談で多いのが、物損事故をきっかけに交通違反が発覚してしまったというケースです。
・飲酒運転
・無免許運転
無車検車運行
・無保険車運行
など、交通違反事件の多くは、ちょっとした気の緩みからおきる物損事故がきっかけで発覚しています。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
そのため基本的に物損事故の法律相談は、受任対象になりません。
しかし、それがきっかけで発覚した交通違反事件については、弊所の専門分野となってきます。
無車検車運行の事実が発覚して困っているという場合は、ぜひ評判のいい弊所の弁護士にご相談下さい。
(兵庫県警相生警察署 初回接見費用:4万5760円)

大阪府の車検切れで逮捕 不起訴処分に強い弁護士

2015-07-30

大阪府の車検切れで逮捕 不起訴処分に強い弁護士

Aさんは、車検切れに気が付かないまま、自動車を走行していました、
Aさんは無車検車運行罪によって大阪府警鶴見警察署に逮捕されてしまいました。
Aさんの父は、本件が不起訴処分で終わるよう、急遽弁護士に相談することにしました。
(この事件はフィクションです)

~無車検車運行罪とは~

無車検車運行罪とは、車検を受けることなく、あるいは車検が切れたまま運転することによる罪です。
同罪は、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金になります。
ただし、車検が切れていることを知らなかったのであれば、このような罰則を受けることはありません。

無車検車運行罪により逮捕されたとしても、初犯であれば罰金処分で済むことが多いです。
しかし、無車検車運行罪の前科がありながらこれを繰り返している場合や執行猶予期間中であった場合には実刑判決がでる可能性があります。

無保険車運行罪の容疑をかけられてしまっても、不起訴処分を得ることは可能です。
無保険車運行罪で逮捕されてしまった場合には、速やかに評判のいい弁護士に相談してください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事故・交通違反事件をはじめとする刑事事件専門の弁護士事務所です。
なお、大阪府警鶴見警察署に逮捕されてしまった場合には、初回接見サービスがおすすめです(初回接見費用:3万6300円)。

« Older Entries
Copyright(c) 2016 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.