Archive for the ‘当て逃げ’ Category

愛知県警江南警察署が逮捕 当て逃げ事件、面会に行く弁護士

2014-10-27

愛知県警江南警察署が逮捕 当て逃げ事件、面会に行く弁護士

Aさんは、名鉄犬山線の江南駅近くで当て逃げ事件を起こしたとして愛知県警江南警察署逮捕されました。
現在も留置状態は継続し、昨日名古屋地方検察庁に送検されたそうです。
Aさんの両親に依頼を受けた弁護士は、早速面会に向かいました。
(フィクションです)

~当て逃げ事件における弁護活動~

もし当て逃げ事件の容疑者になってしまった場合、どのような弁護活動を行うべきか??
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、以下のような弁護活動を行います。

■不起訴処分または無罪判決を目指す
身に覚えのない事実で当て逃げ事件の容疑者と疑われることがあります。
そのような場合は、弁護士を通じて真犯人やアリバイの存在を示す証拠などを示して無実であることを強く主張します。
また警察や検察が示す証拠では、犯罪の成立を立証するのに不十分であることを主張する場合もあります。
こうした活動を通じて、依頼者のために不起訴処分や無罪判決の獲得を目指します。

■被害弁償や示談交渉を行う
当て逃げ事件の事実に争いがない場合、いかに罪を償い反省の態度を示すかということが、最終的な刑事処分に影響します。
当て逃げ事件の場合、被害者に対する損害が発生していますから、直ぐにそれを弁償する必要があります。
また弁護士を通じて示談交渉を進め、当事者間で納得のいく事件解決を図ることも重要です。
これらの事情を検察や裁判所に提出すると、その後の刑事処分において被告人にとって有利に働きます。

■大幅な減刑や執行猶予付き判決を目指す
前述の被害弁償や示談成立の事実は、被告人にとって有利な事情です。
また被告人が被害者に対して真摯に謝罪し反省しているなどと言った事情も同様です。
刑事裁判でこうした事情を主張することは、大幅な減刑や執行猶予付き判決の獲得につながります。

■早期釈放や保釈を目指す
当て逃げ事件で逮捕・勾留されている場合は、事件に応じて、柔軟に身柄解放活動を行っていきます。
一日でも早く釈放・保釈され、事件前のような生活を取り戻してほしいと思います。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、当て逃げ事件の弁護活動も行っています。
弁護士事務所というと、まずは法律相談から始まると考えている方が多いようです。
しかし、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所であるという特色を生かし、初回接見サービスを行っています。
これは、弁護士との受任契約の前に、とりあえず弁護士が逮捕されている方のもとへ面会に行くというものです。
これを利用すれば、弁護士が本人から事件の内容を聞けるため、事件の内容が簡単に明らかになります。
また接見後には、弁護士から依頼者の方に接見の状況や今後の見通しについて丁寧にご報告しますので、多くの疑問点を解消することができるでしょう。
そしてもっとも利点があるのは、逮捕されている方にとって精神的に大きな助けになるというところです。
当て逃げ事件などで逮捕されてしまった場合、逮捕された方は不安で仕方がないでしょう。
そんなときは、まず無料法律相談ではなく初回接見サービスを利用してほしいと思います。

当て逃げで名古屋地方検察庁に出頭 取調べ対応のアドバイスをする弁護士

2014-10-15

当て逃げで名古屋地方検察庁に出頭 取調べ対応のアドバイスをする弁護士

当て逃げ事件の容疑者となっているAさんは、名古屋地方検察庁から呼び出しを受けました。
●月●日に検察官による取調べを行うようです。
Aさんが現在付いている弁護士に電話で相談したところ、様々な取調べ対応のアドバイスをもらうことができました。
(フィクションです)

~取調べにおける容疑者の権利~

交通事故・交通違反事件で罪を犯した疑いをかけられている人は、警察や検察取調べを受けることになります。
取調べの時間は、被疑者の方にとって苦しいものになるかもしれません。
しかし、いかに取調べを受けるかが、最終的な刑事処分に影響を及ぼすこともあります。
決してくじけず、虚偽の自白は、絶対にしないようにしましょう。

ここからは、取調べにおいて被疑者の方に認められている権利を紹介します。
この権利を上手く使って、不当な取調べから自分を守ってください。

■黙秘権
黙秘権とは、自分に不利益なことや話したくないことについて供述を拒む権利の事です。
ですから、取調べの中で取調官の質問に答えたくないと思った場合、遠慮せずその旨を述べてよいのです。

■署名押印拒否権
取調べでは調書が作成されます。
そして、取調べの最後では、必ず取調官から調書に署名押印するように求められます。
この際、調書に署名押印をすることは、調書の内容がすべて正しいと認めることを意味します。
そのため、署名押印した調書は、裁判でも重要な証拠になります。
もし調書の内容に誤りがあるにもかかわらず署名押印してしまった場合、その後圧倒的に不利な立場に立たされてしまう可能性も否定できません。
ですから、取調官に調書の署名押印を求められた場合でも、安易にそれに応じてはいけません。
もし署名押印することに迷いや不安がある場合は、必ず署名押印をする前に弁護士に相談してください。

■増減変更申立権
増減変更申立権とは、一度作成された調書の内容を修正してもらう権利の事です。
取調べの中で調書が作成されると、取調官からその内容を読むあるいは聞くなどして間違いがないかの確認を求められます。
その際、もし表現を変えてほしい・内容が誤っているという箇所があれば、その旨を申し出てください。
これは、増減変更申立権という権利の行使なのです。
前述したように調書は、裁判で重要な証拠になりえます。
したがって、絶対に内容に誤りのある調書を作成させないようにしましょう。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、取調べ対応のアドバイスも積極的に行っています。
事件を任せるか分からないが、とりあえず取調べ前にアドバイスを受けたいという方も大歓迎です。
検察や警察などの捜査機関の取調べに望む前にぜひ一度、ご相談ください。
交通事故・交通違反事件取調べに詳しい弁護士が、丁寧にアドバイスいたします。

愛知県警小牧警察署が捜査 当て逃げ事件の弁護士

2014-10-06

愛知県警小牧警察署が捜査 当て逃げ事件の弁護士

愛知県小牧市に住むAさんは、当て逃げ事件を起こしてしまいました。
しかし、交通事故から数日経っても、警察署に出頭する勇気が出せないでいました。
弁護士事務所無料法律相談をしたところ、愛知県警小牧警察署に出頭した方が良いと言われました。
(フィクションです)

~当て逃げ事件における弁護活動~

当て逃げとは、物損事故を起こした加害者が、危険防止措置を果たすことなく事故現場から離れる犯罪です。
そもそも、交通事故事件の中で、物損事故は刑事責任や行政責任の対象になりません。
したがって、物損事故を起こしてしまっても、道路交通法で定められたドライバーの義務を果たしていれば刑罰を受けることもありませんし、違反切符を切られるということもありません。

しかしながら、当て逃げ事件の場合、道路交通法に基づいて処罰を受ける可能性があります。
道路交通法117条の5によると、当て逃げの法定刑は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。
よって本来損害賠償金の支払い(民事責任)と警察署への事故報告さえ済ませば終了したはずの交通事故事件でも、最悪の場合刑務所に入らなければならない可能性が出てくるのです。

また当て逃げというのは、加害者が危険防止措置を取らないという犯罪ですから、加害者に過失がなくても成立します。
つまり交通事故自体には何ら加害者に落ち度(過失)がなく法的責任が発生しない場合でも、当て逃げをした法的責任は認められる可能性があるということです。
たとえ自分が悪くない場合でも、しっかりと危険防止措置義務を果たす必要があります。
これはドライバー全てに科せられた法的義務だからです。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の当て逃げ事件における弁護活動としては、以下のような弁護活動が挙げられます。

■新たな証拠の収集・提出、証拠不十分の指摘により不起訴処分無罪判決を目指す

■被害者への被害弁償・示談成立により、減刑や執行猶予付き判決の獲得を目指す

■逮捕された加害者の釈放による身柄解放活動

この他事案に応じて交通事故・交通違反事件に強い弁護士が柔軟に弁護活動を展開していきます。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、当て逃げ事件に関する無料法律相談も随時受け付けています。
当て逃げ事件でお困りの方は、まずお電話ください。

愛知県警南警察署が捜査 当て逃げ事件で自首・任意出頭の弁護士

2014-09-19

愛知県警南警察署が捜査 当て逃げ事件で自首・任意出頭させる弁護士

名古屋市南区に住むAさんは、車を運転中他の車に軽く衝突したことに気づいたものの、そのまま走り去ってしまいました(当て逃げ事件)。
後日、Aさんは当て逃げ事件で愛知県警南警察署に逮捕されるのではないかと怖くなりました。
そこで無料法律相談をしている弁護士事務所で相談をしてみることにしました。
(フィクションです)

~自首・任意出頭のすすめ~

当て逃げ事件をはじめ、交通事故・交通違反事件を起こしたにもかかわらず、現場から逃げてしまった場合、そのまま放置するのは非常に危険です。
放っておくと逮捕・勾留によって長期間身柄を拘束される可能性が高まってしまいます。
また、このような行為態様は、裁判官に対しても悪い印象を与えます。
そのため、量刑が重くなってしまうという可能性も高まります。

したがって、当て逃げ事件などを起こしてしまった場合、出来るだけ早く警察に自首・任意出頭して、真摯に反省しているという態度を示した方が良いと思われます。
交通事故・交通違反事件の態様によっては、警察に自首・任意出頭することで逮捕を回避できる可能性があります。
また、交通事故・交通違反事件と真摯に向き合い反省している態度は、刑事裁判における量刑判断の際にも被告人に有利に働きます。

もし警察に自首・任意出頭するにあたって、不安な事や心配なことがあれば遠慮なく弁護士に相談してください。

愛知名古屋弁護士事務所では、自首・任意出頭前の無料法律相談も受け付けております。
交通事故・交通違反事件に強い弁護士が、親身になって取調べ対応などについて適切なアドバイスを行います。
また、お一人で自首・任意出頭するのが不安だという方のために、自首・任意同行の付き添いサービスも行っております。
ぜひ一度ご相談ください。

名古屋の天白警察署による任意同行 当て逃げ事件で逮捕

2014-08-24

名古屋の天白警察署による任意同行 当て逃げ事件で逮捕

愛知県天白区在住のAさんは、居眠り運転が原因で前方の車と衝突ししまいました。
突然の出来事に驚き、思わずその場を離れてしまいました。
後日、Aさんのもとに愛知県警天白警察署の警察官がやってきました。
(フィクションです)

~交通事故・交通違反事件でよくある質問~

警察官が自宅に来て交通事故を起こした息子を連れていきました。
これは逮捕ですか?

警察官が自宅に来て息子さんを警察署に連行した場合、考えられる可能性は二つあります。

一つは、任意同行です。
これは、息子さんの承諾を受けた上、警察署で取り調べるために連行する場合です。

もう一つは、逮捕して連行する場合です。
この場合、息子さんの承諾の有無にかかわらず、強制的に警察署に連行されます。

今回のケースがいずれであったかは、自宅に来た警察官が逮捕状を持っていたかどうかでわかるでしょう。
交通事故・交通違反事件で逮捕する場合、現行犯逮捕緊急逮捕のときを除いて逮捕状を示して行います(通常逮捕といいます)。
したがって、自宅に来た警察官が逮捕状を示さなかったのであれば、逮捕ではない可能性が高いと言えるでしょう。
その場合は、あくまで任意同行で息子さんを警察署に連行したと考えていいでしょう。
もっとも、任意同行として警察署に出頭させて取調べをした後、そのまま逮捕するという場合もありますので注意が必要です。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、任意同行・任意出頭に付き添うサービスも行っています。

当て逃げ事件で任意同行を求められたら、交通事故・交通違反事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。

Newer Entries »
Copyright(c) 2016 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.