Archive for the ‘当て逃げ’ Category

京都市の当て逃げ事件で逮捕 執行猶予の弁護士

2015-11-11

京都市の当て逃げ事件で逮捕 執行猶予の弁護士

京都市西京区在住20代女性会社員Aさんは、京都府警西京警察署により当て逃げ(道路交通法違反)の容疑で取調べを受けました。
会社に知られたくないAさんは、示談に強い法律事務所に相談に行きました。
示談交渉の依頼を受けた交通違反・交通事故事件に強い弁護士は、執行猶予獲得を一つの目標として弁護活動を始めました。

今回の事件は、フィクションです。

~当て逃げの法定刑~

当て逃げの法定刑は、1年以下の懲役または10万円以下の罰金です(道路交通法第117条の5)。
当て逃げの法定刑を見る限り、罪としては軽い部類に入ると思われます。
しかし、初犯の方であっても罰金処分となる可能性があり、過去に同種の前科があればさらに重い処罰となることもあります。
もっとも、懲役刑に執行猶予が付く可能性は十分に考えられます。

~当て逃げと示談~

当初は当て逃げとして事件が進んでいたが、途中で診断書などが提出され、人身事故に代わってしまうケースもあります。
この場合、人身事故とひき逃げの罪に問われることとなり、法定刑が厳しいものにかわります。
当て逃げや当て逃げがひき逃げに変わってしまった後でも、刑事処罰を軽減する方法に被害者との示談交渉があげられます。
被害者の方と示談締結をすることで、刑事処罰が軽減される可能性が高まります。
示談交渉を有効に進めるには、示談交渉に強い弁護士に依頼することをおすすめします。

当て逃げ事件などで、示談交渉をお考えの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお問い合わせください。
示談交渉を成功させ、執行猶予に結び付けた実績を多数誇る弁護士が在籍しております。
交通違反・交通事故事件を多数取り扱っている弁護士事務所ですので、示談交渉などの経験は豊富にございます。
まずは当事務所までお問い合わせください。
(京都府警西京警察署 初回接見料:39700円)

名古屋市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

2015-10-31

名古屋市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

名古屋市中川区在住50代会社員Aさんは、愛知県警中川警察署により当て逃げ道路交通法違反)の容疑で取調べを受けました。
愛知県警中川警察署によると、Aさんは駐車場に駐車する際に自車の右前部を被害者の車に当て、そのまま立ち去ってしまったようです。
不起訴処分を獲得したいと思ったAさんは、交通違反に強い弁護士事務所に相談しました。

~当て逃げと不起訴処分~

当て逃げをした覚えがない又は物損事故を起こしたことを認識していなかった場合、弁護士を通じて不起訴処分又は無罪を主張していきます。
物損事故に気付いていない場合は当て逃げが成立しません。
この場合、弁護士を通じて事故現場の状況などから、事故発生を認識するのが困難であったことを主張し、不起訴処分又は無罪判決の獲得を目指します。
一方、当て逃げをした覚えがない場合は、事件発生時のアリバイなどを指摘し、当て逃げを立証するのに十分な証拠がないことを主張していきます。
いずれにしても、不起訴処分又は無罪判決のためにできる弁護活動はあります。

~不起訴処分の効果~

不起訴処分を獲得することができれば、前科も付かず、正式裁判になることもありません。
不起訴処分であれば、今まで通りの生活をすることが可能です。
また、不起訴処分となれば、身体拘束も解かれ、釈放されます。
当て逃げ事件を起こしてしまった方は、そのまま放っておくのではなく、交通違反に強い弁護士に相談しましょう。

当て逃げ事件でお困りの方は、不起訴処分を多数獲得している法律事務所へご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、過去に不起訴処分を多数獲得した弁護士が在籍しております。
交通違反・交通事故に強みを持っている法律事務所です。
まずはお電話にてお問い合わせください。
(愛知県警中川警察署 初回接見料:35000円)

大阪市の当て逃げ事件で逮捕 自首・任意出頭の弁護士

2015-10-20

大阪市の当て逃げ事件で逮捕 自首・任意出頭の弁護士

大阪市天王寺区在住20代女性自営業Aさんは、大阪府警天王寺警察署により当て逃げ(道路交通法違反)の容疑で逮捕されました。
同署から逮捕された旨の連絡を受けたAさん家族は、刑事事件に強い弁護士事務所を訪れました。

今回の事件は、フィクションです。

~自首・任意出頭について~

交通違反・交通事故を起こして現場から逃げ去ってしまった場合は、有罪判決を受けたときの刑事処分が重くなる可能性があります。
また、放っておくと逮捕・勾留により長期の身柄拘束がなされることもあります。
上記のような当て逃げ事件は、まさにその典型です。

このような場合、まずは交通違反・交通事故に強い法律事務所へご相談ください。
交通違反・交通事故に強い弁護士が適切なアドバイスをしてくれるでしょう。
事案や事情によっては、警察に自首・任意出頭することで逮捕されずに済んだり、刑罰を軽くすることも可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、法律相談は初回無料で行っております。
また、当て逃げ事件などで自首・任意出頭をお考えの方には交通違反・交通事故に強い弁護士が付添・同行するサービスもございます。
当法律事務所は刑事事件専門弁護士のみ在籍しております。

当て逃げ事件を起こしてしまった方は、逮捕されないか不安になることがあると思います。
そのような方は、まずは交通違反・交通事故に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお電話ください。
刑事事件専門とする法律事務所ですので、多くの刑事事件の経験を持つ弁護士が適切なアドバイスをさせて頂きます。
初回無料相談、初回接見サービスなどお客様のニーズに合わせたサービスをご用意しております。
(大阪府警天王寺警察署 初回接見料:35700円)

大阪市の当て逃げ事件で逮捕 示談の弁護士

2015-10-05

大阪市の当て逃げ事件で逮捕 示談の弁護士

大阪市港区在住30代女性会社員Aさんは、大阪府警港警察署により当て逃げ(道路交通法違反)の容疑で逮捕されました。
同署によると、Aさんは、駐車場に停めてあった被害者の車に自らの車をぶつけ、そのまま立ち去ったそうです。
調べに対し、Aさんは、ばれないと思って逃げたと供述しているそうです。

今回の事件は、フィクションです。

~当て逃げをしてしまったら~

自らの不注意により当て逃げをしてしまった場合、以下のような対処法が挙げられます。
・警察への自首または任意出頭
・物損事故の被害者への被害弁償と示談交渉
交通違反・交通事故を起こしてその場から立ち去ってしまった場合、放っておくと逮捕・勾留される可能性が高まります。
また、有罪判決を受けたときの刑事処分も重くなってしまいます。

ですから、なるべく早い段階で交通違反・交通事故に強い弁護士にご相談ください。
事案により異なりますが、早期に自首・任意出頭をすることで逮捕を回避したり、刑事処罰を軽くできたりします。

~当て逃げと示談~

当て逃げをしてしまった場合、被害者と示談が成立しているか否かが、今後の処罰を大きく左右します。
当て逃げの場合、示談が成立することで起訴前であれば不起訴処分、起訴後であれば執行猶予付き判決を得られる可能性が高まります。
不起訴処分であれば、前科が付くことはありません。
当て逃げをしてしまったら、交通違反・交通事故に強い弁護士を通じて被害者との示談交渉をしてもらいましょう。

当て逃げ事件でお困りの方は、示談を得意とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
示談による不起訴処分獲得、勾留阻止など多くの実績を持つ弁護士が在籍しております。
お悩みの方は、一度、当事務所の初回無料相談へお越しください。
(大阪府警港警察署 初回接見料:35800円)

神戸市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

2015-09-22

神戸市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

神戸市在住30代女性会社員Aさんは、兵庫県警生田警察署により当て逃げの容疑で書類送検されました。
取調べによると、Aさんは、会社から帰宅中、信号待ちしていた車に後ろから衝突し、そのまま逃走したそうです。
幸い、両者とも怪我はなかったそうです。

今回の事件は、フィクションです。

~当て逃げと刑事処罰について~

当て逃げとは、物損事故を起こした場合に、事故現場から離れることをいいます。
当て逃げは、道路交通法でいう危険防止措置義務を怠ったとして成立する犯罪行為です。
たとえ自らに過失がないとしても、危険防止措置を取らずに立ち去ってしまうと当て逃げとして処罰されてしまいます。

人の死傷を伴わない物損事故をしてしまった場合、壊した物の賠償責任という民事上の責任は発生します。
一方で、道路交通法上の罰金・懲役刑といった刑事上の責任は発生しません。
しかし、物損事故であった場合でも当て逃げをしてしまったら、道路交通法上の罰金刑や懲役刑を受ける可能性があります。
罰金刑または懲役刑となってしまった場合は、前科が付くこととなります。
当て逃げの法定刑は、1年以下の懲役または10万円以下の罰金です(道路交通法第117条の5)。

~当て逃げと不起訴~

当て逃げをしてしまったとしても、不起訴処分を獲得できれば罰金や懲役刑といった刑事処罰もなく、前科も付きません。
仮に逮捕・勾留されていた場合、不起訴処分を獲得することで早期に釈放されることとなります。
早期に釈放されれば、事件が会社や学校などにばれる可能性が低くなりますので、社会復帰しやすくなります。
実際には交通事故を起こしたが、気付かずに事件現場から立ち去ってしまった場合は当て逃げは成立しません。
交通事故に気付かなかった又は事故発生を認識するのは困難であったことを弁護士を通じて主張し、不起訴処分獲得のための弁護活動を行いましょう。

当て逃げ事件でお困りの方は、不起訴処分を多数獲得している弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
交通事故を起こしてしまったが、示談締結や有利な証拠主張・立証することで不起訴処分となったケースがあります。
当事務所には交通事件・交通違反に強い弁護士が在籍しております。
24時間対応しておりますので、いつでもお問い合わせください。
(兵庫県警生田警察署 初回接見料:37300円)

三重県の当て逃げ事件で逮捕 示談の弁護士

2015-09-11

三重県の当て逃げ事件で逮捕 示談の弁護士

三重県四日市市在住30代男性会社員Aさんは、三重県警四日市北警察署により当て逃げの容疑で書類送検されました。
同署によると、Aさんは深夜、四日市市内の道路を走行中、誤って信号待ちしていた車に後ろから衝突し、そのまま逃走したそうです。
取調べでは、事故を起こしたことがわかり、怖くなって逃げてしまったと話しています。

今回の事件はフィクションです。

~当て逃げすると刑事処罰はあるのか~

道路交通法上、当て逃げとは、物損事故を起こした際に、危険防止措置義務を怠って事故現場から離れることをいいます。
当て逃げをすると、1年以下の懲役または10万円以下の罰金に問われる可能性があります(道路交通法第117条の5)。
たとえ交通事故が自らの過失によるものでなくとも、危険防止措置を取らずに現場から離れれば当て逃げとして処罰されます。

仮に、交通事故が物損事故だけの場合、壊した物の賠償責任(民事上の責任)のみが問題となるだけです。
道路交通法上の罰金刑や懲役刑といった刑事処罰を問われることはありません。
しかし、物損事故を起こしただけでも、その場から離れてしまうと当て逃げとして処罰される可能性があります。
もし、罰金刑や懲役刑といった刑事処罰を受けてしまうと、前科がつくことになってしまいます。

~当て逃げと過失運転致傷罪~

当て逃げの際に気を付けなければならないのは、当初は物損事故と思っていても後日、被害者側から警察に診断書が提出されると人身事故となってしまう点です。
さらに、ひき逃げをしていれば、人身事故ひき逃げで捜査されます。
この場合、法定刑の重い過失運転致死傷罪(又は危険運転致死傷罪)とひき逃げの罪を問われることになります。
過失運転致死傷罪などは罰金刑や懲役刑となる可能性が極めて高まります。

当て逃げ事件でお困りの方は、示談を得意とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
被害者の方がいらっしゃる場合、早期に示談することで刑事処罰を軽減できる可能性が極めて高まります。
当事務所では、交通事故・交通違反事案を多数手掛けた評判のいい弁護士が在籍しております。
まずは、無料相談へご予約ください。
(三重県警四日市北警察署 初回接見費用:3万8900円)

大阪府警豊中警察署の当て逃げ事件 不起訴の弁護士

2015-08-29

大阪府警豊中警察署の当て逃げ事件 不起訴の弁護士

Aさんは車を酒酔い運転して他の車にぶつかってしまいました。
動揺したAさんは、そのままその場から立ち去ってしまいました(当て逃げ)。
数日が過ぎ警察の呼び出しを受けたAさんは、今後どうなるのか不安に思い弁護士による無料相談を受けることにしました。
(これはフィクションです。)

~酒酔い運転で当て逃げ~

今回Aさんは酒酔い運転当て逃げをしてしまいました。
このような場合、Aさんに酒酔い運転などの前科があると起訴される可能性が高くなります。
しかし、刑事事件に精通した弁護士がAさんに有利な証拠を検察に提出するなどの弁護活動をすれば、不起訴になる可能性があります。
なぜなら検察官は前科の有無だけでなく、酒酔いの程度や事故の状況も含めて被疑者を不起訴にするかを判断するからです。

刑事事件は時間との戦いです。
ご自身があるいはご家族が酒酔い運転をして当て逃げ事件を起こしてしまった。
そのような場合は、速やかに評判のいい弁護士にご相談ください。

あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事故・交通違反事件にも強い刑事事件専門の法律事務所です。
不起訴処分の獲得実績多数の経験豊かな弁護士が、親身に対応いたします。
弁護士を通じ警察や検察などの捜査機関に対して、Aさんに有利な証拠を提出するなどして、不起訴処分獲得を目指しましょう。
なお、当て逃げ事件で大阪府警豊中警察署に逮捕されてしまった場合には、弊所の初回接見サービスがおすすめです(初回接見費用:3万7300円)。

愛知県の当て逃げ事件で逮捕 初回接見の弁護士

2015-08-01

愛知県の当て逃げ事件で逮捕 初回接見の弁護士

Aさんは、愛知県内の駐車場に駐車しようとする際、他の車にぶつけてしまいました。
しかし、何らの措置をとることもなく、その場を離れました。
後日、愛知県警中川警察署当て逃げの容疑でAさんを逮捕しました。
(この事件はフィクションです)

~当て逃げとは~

当て逃げとは、物損事故があった場合に、道路交通法上の危険防止措置をとることなく現場を離れることによって成立する犯罪です。
当て逃げは1年以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられます。

交通事故の際に執るべき措置としては、
・運転の停止
・負傷者がいる場合はその救護
・道路における危険を防止する措置
・警察への事故報告 
が挙げられます。

もし当て逃げ事件を起こしてしまった場合には、速やかに弁護士にご相談下さい。
弁護士を介し被害者と交渉することによって、示談が成立する可能性が高まります。
示談が成立すれば早期の釈放や実刑判決の回避など、望む結果につながりやすくなります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事故・交通違反事件に強い弁護士事務所です。
当て逃げ事件においても、早期釈放を得た経験豊富な弁護士初回接見を含め親身にご対応致します。
もし、愛知県警中川警察署に逮捕されている場合は、弊所の初回接見サービスがおすすめです(初回接見費用:3万5000円)。

 

名古屋市の当て逃げ事件で逮捕 示談で評判のいい弁護士

2015-07-19

名古屋市の当て逃げで逮捕 示談で評判のいい弁護士

Aさんは当て逃げの容疑で愛知県警中川警察署に逮捕されました。
Aさんは、「車を停めようとした際に、他の車にぶつかったことには気づいたが、気が動転してしまい逃げた。」と話しています
Aさんは被害者と早期に示談できるよう、弁護士に依頼しました。
(この事件はフィクションです)

~当て逃げとは~

事故を起こした場合には、人損事故・物損事故に拘わらず、以下の措置をとらなければなりません。
・運転の停止
・負傷者がいる場合はその救護
・道路における危険を防止する措置
・警察への事故報告
当て逃げとは、物損事故の場合に、これらの措置をとることなくその場から離れることによって成立する罪です。
当て逃げ事件を起こすと1年以下の懲役または10万円以下の罰金になります。

これらの措置をとり、通常の物損事故として処理された場合は、被害を賠償することのみですみます。
それに比べると当て逃げをしてしまった場合には、非常に法的責任が重くなります。
もし物損事故を起こしてしまった場合は、慌てずにこれらの措置をとるようにしましょう。

もし当て逃げ事件を起こしてしまった場合には、速やかに弁護士にご相談下さい。
弁護士を介し被害者と交渉することによって、示談が成立する可能性が高まります。
示談が成立すれば早期の釈放や実刑判決の回避など、望む結果につながりやすくなります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事故・交通違反事件をはじめとする刑事事件専門の弁護士事務所です。
当て逃げ事件でも、示談交渉について評判のいい弁護士が親身にご対応致します。
もし愛知県警中川警察署に逮捕されている場合は、弊所の初回接見サービスがおすすめです(初回接見費用:3万5000円)。

 

名古屋の当て逃げ事件で逮捕 私選の弁護士

2015-07-01

名古屋の当て逃げ事件で逮捕 私選の弁護士

名古屋市中村区にあるセントラルタワー付近で交通事故が発生しました。
事故を起こしたAさんは気が動転し、現場から立ち去ってしまいました(当て逃げ)。
Aさんが事故現場に戻ってきたところ、愛知県警察中村警察署が現場検証を行っていました。
(フィクションです)

~ひき逃げと当て逃げの違いは??~

道路交通法違反の中には「ひき逃げ」と「当て逃げ」という種類の犯罪があります。
そこで、今回はどのような場合にひき逃げ事件が成立し、どのような場合に当て逃げ事件が成立するかを紹介したいと思います。

■ひき逃げ事件について
交通事故が起きた場合、自動車やバイクの運転者は負傷者を救護するとともに、危険を防止する等の措置を講じることが義務付けられています。
にもかかわらず、これらの義務に違反して現場から立ち去った場合には、ひき逃げ事件として犯罪が成立します。
つまり、いわゆる人身事故が起こった場合に救護義務及び危険防止等措置義務に違反して現場から立ち去った場合にひき逃げが成立するということです。
なお、ひき逃げが成立した場合には、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

■当て逃げ事件について
交通事故が起きた場合、人に死傷結果が生じていなくても危険を防止するなどの措置を講じることが義務付けられています。
にもかかわらず、この義務に違反して現場から立ち去った場合には、当て逃げ事件として犯罪が成立します。
つまり、いわゆる物損事故が起こった場合に危険防止等措置義務に違反して現場から立ち去った場合に当て逃げが成立するということです。
なお、当て逃げが成立した場合には、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

ひき逃げ事件当て逃げ事件の違いは、以上の通りです。
特にひき逃げ事件の場合は、救護を必要とする人がいるにもかかわらず現場から立ち去ったということで逮捕の可能性が高いです。
よって、逮捕を阻止するための方策を講じるメリットが多分にあります。
もっとも、逮捕段階では私選の弁護人しかつけることができません。
当て逃げ事件・ひき逃げ事件で逮捕されないか不安という場合は、私選弁護士を選任しましょう。

あいち刑事事件総合法律事務所は、私選での弁護活動を中心に行わせていただいております。
当て逃げ事件・ひき逃げ事件でお困りの方は、一度弊所までご相談下さい。
なお、愛知県警中村警察署に逮捕されているという場合は、弁護士を警察署に派遣することも可能です(初回接見サービス)。
初回接見費用は、愛知県警中村警察署の場合、3万3100円です。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2016 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.