Archive for the ‘当て逃げ’ Category

神戸市の当て逃げ事件で呼び出されたら…出頭前に弁護士に相談

2017-06-09

神戸市の当て逃げ事件で呼び出されたら…出頭前に弁護士に相談

Aさんは、兵庫県神戸市内の道路で、Vさんの運転する自動車に運転していた自動車を衝突させてしまうという物損事故を起こしてしまいました。
しかし、Aさんは、気が動転してしまい、何もせずにその場から立ち去ってしまいました。
後日、兵庫県葺合警察署から、Vさんの自動車に対する件で話を聞きたいと呼び出しを受けたAさんは、どうしたらいいのか不安になり、神戸市の刑事事件専門の弁護士に相談をして、出頭前にアドバイスを求めることにしました。
(フィクションです。)

~当て逃げ事件~

当て逃げとは、物損事故を起こした場合に、危険防止措置などの義務を怠って事故現場から離れることで成立する、道路交通法違反の犯罪行為です。
ここで注意が必要なのは、交通事故について、自分の無過失が明らかな場合であったとしても、危険防止措置等の義務行為を取らないことは許されないというところです。
当て逃げをした場合、道路交通法によれば、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金が科されます。
人の死傷結果を伴わない物損事故の場合、壊した物の賠償責任(民事上の責任)が問題になるだけで、道路交通法上は違反点数や罰金・懲役刑は定められていません。
しかし、物損事故を起こした際に当て逃げ行為を行ってしまうと、道路交通法上の違反点数に加えて、罰金又は懲役刑をいう刑事処罰を受けてしまうこととなります。

当て逃げによる道路交通法違反で刑事罰を受ける場合、初犯であれば略式裁判による罰金処分になることが多いとされますが、当初は物損事故及び当て逃げとして扱われていた事件が、後日被害者から診断書が出されたことで人身事故としてひき逃げ事件に切り替わって捜査されるケースもあります。
この場合は、上記当て逃げの罪ではなく、より法定刑の重い過失運転致死傷罪等の罪に問われることになるため、最悪の場合には懲役刑による実刑判決を受けてしまうおそれも生じてきます。
こうした場合、どちらにも対応できるように交通事件の弁護活動に精通した弁護士に、自身の今後の取調べ対応などについてを相談するべきでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士として、当て逃げ事件についての刑事弁護活動も承っております。
当て逃げ事件で出頭要請を受けているがどうしようとお困りの方は、まずは弊所の弁護士までご相談ください。
初回の法律相談は無料です。
兵庫県警察葺合警察署への初回接見費用:3万4,900円

東京都西多摩郡の当て逃げ事件で相談 交通事故にも弁護士

2017-03-01

東京都西多摩郡の当て逃げ事件で相談 交通事故にも弁護士

Aさんは、仕事で乗用車を運転中、駐車中の車の側面ボディに接触してしまいました。
Aさんは、接触してしまった車に傷がついてしまったことを確認しましたが、会社にばれたくない一心でそのまま立ち去ってしまいました。
しかし、心配になったAさんが仕事終わりに現場に立ち寄ったところ、警視庁青梅警察署の警察官が、Aさんが当て逃げしてしまった事故の処理をしているようでした。
さらに不安になってしまったAさんは、交通事件も扱っている刑事事件専門の弁護士のところへ相談に行きました。
(フィクションです)

~当て逃げ~

当て逃げとは、物損事故を起こして、そのまま加害者が逃走してしまうことを言います。
当て逃げは、道路交通法上の救護義務違反にあたり、法定刑は1年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。

当て逃げが起こった場合、警察は防犯カメラの映像の検証や、目撃者からの聞き込みといった活動をすることとになるでしょう。
今日では、一般住宅にも防犯カメラが設置されていることから、その映像によって車のナンバーや人相を割り出すこともできるでしょう。
そうなれば、登録者の氏名や住所が判明し、加害者の会社や家庭に、警察から連絡がいく可能性があります。

会社や家庭に警察から突然の連絡が入ることとなれば、当て逃げを行ってしまったことがあっという間に広まってしまうかもしれません。
そうならないうちに、早めに今後の方針を弁護士と相談しましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とする弁護士事務所です。
弊所の弁護士が取り扱っている刑事事件には、もちろん交通事件も含まれています。
交通事故でお困りの方は、ぜひ弊所のフリーダイヤルまでお電話ください(0120‐631‐881)。
初回無料法律相談のご予約や、警視庁青梅警察署への初回接見費用について、ご案内します。

岐阜県の駐車場で当て逃げ事件で逮捕 示談交渉で不起訴の弁護士

2017-01-16

岐阜県の駐車場で当て逃げ事件で逮捕 示談交渉で不起訴の弁護士

岐阜県大垣市在住のAさん(40代女性)は、スーパーマーケットの駐車場から自分の車を出す際に、隣に駐車している車に勢いよくぶつけてしまった後、そのまま走り去ろうとしました。
このAさんの行為をたまたま目撃した警察官が、Aさんを追跡して呼び止め、Aさんは道路交通法違反の当て逃げの容疑で、岐阜県警大垣警察署現行犯逮捕されました。
Aさんが逮捕されたとの知らせを受けたAさんの家族は、刑事事件に強い弁護士にAさんとの接見(面会)に行ってもらうことを依頼し、今後の事件対応のアドバイスをしてもらうことにしました。
依頼を受け早速接見(面会)に向かった弁護士は、被害者との示談交渉がうまくいけば、不起訴処分も有り得ると考えています。
(フィクションです)

~道路交通法違反の対象となる「道路」とは~

当て逃げの罪は、「道路交通法違反」の罪に当たり、当て逃げの法定刑は「1年以下の懲役又は10万円以下の罰金」とされています。

・道路交通法 2条1項1号
「道路 道路法(略)第二条第一項 に規定する道路、道路運送法(略)第二条第八項 に規定する自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。」

道路交通法の対象となる「道路」とは、「一般交通の用に供する」場所をいいます。
不特定・多数の者が自由に通行・利用できる状態にあれば、「道路」として認められる傾向にあります。
私有地であっても、不特定・多数の者が自由に通行・利用できる状態であれば、道路交通法にいう「道路」となります。
したがって、不特定多数の客が利用するスーパーマーケットの駐車場も「道路」に当たると考えられます。
他方で、月極め駐車場は、契約者だけが利用するという性質から、道路交通法の対象となる「道路」に該当しないとされる傾向にあるようです。

駐車場での当て逃げ事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、当て逃げ被害者との示談交渉をするなど、不起訴処分に向けた弁護活動を行います。
まずは、被害者が加害者を許し被害届を取り下げる趣旨を含む示談成立に尽力します。
岐阜県大垣市の駐車場で当て逃げ事件を起こしお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。
(岐阜県警大垣警察署の初回接見費用:4万1000円)

交通事故に強い弁護士 名古屋市の当て逃げ事件で逮捕 

2017-01-04

交通事故に強い弁護士 名古屋市の当て逃げ事件で逮捕 

Aさんは、片側3車線の道路を走行中、車線変更した際に後続車の前部と接触する事故を起こした。
しかし、Aさんの運転する車は、そのまま走り去ってしまった。
後日、Aさんを逮捕した愛知県警熱田警察署が作成した調書によると、Aさんは、事故当時、何かの音に気付いたものの、交通事故だと思っていなかったようである。
(フィクションです)

~当て逃げ事件の刑事責任~

当て逃げ事件とは、物損事故を起こした際に、道交法上の危険防止措置義務を果たさないまま現場を離れることを言います。
そもそも、刑事責任の対象にならない物損事故に成立する犯罪ですから、交通事故を起こしてしまった直後の対応さえ誤らなければ、それほど大事にならない事件です。
しかし、その対応を誤ってしまったがために、1年以下の懲役または10万円以下の罰金に問われてしまうのです。
交通事故の直後は、冷静さを欠いてしまいがちですが、努めて落ち着いて行動するようにしましょう。
なお、当て逃げ事件では、危険防止措置義務を果たさないまま現場を離れることがポイントになりますから、交通事故に過失があるかないかは問題ではありません。
交通事故を起こしてしまったことに何ら法的な責任を負わない場合でも、当て逃げ行為に対する刑事責任を負わなければなりません。

もし当て逃げ事件を起こしてしまったら、速やかに警察署に行き、交通事故の報告をすることも賢明な判断だと思われます。
逮捕されてしまうのでは、と不安に思う方も多いと思います。
そんな時は、警察署に出頭する前に、弁護士に法律相談してから出頭するのもいいと思います。
取調べ時の対応や刑事事件手続きの流れなどをある程度知っておくことで落ち着いた対応もしやすくなります。
あいち刑事事件総合法律事務所では、ご希望があれば、弁護士が出頭に同行するサービスも行っております(有料)。

あいち刑事事件総合法律事務所は、交通事故を起こしてしまった方の刑事責任を少しでも軽くできるよう日々活動しております。
初回はどんな刑事事件でも無料法律相談が受けられます。
もし逮捕されてしまっても、弁護士が警察署まで駆けつける初回接見サービスもございます。
(愛知県警熱田警察署の初回接見費用:3万5900円)

静岡の当て逃げ事件で不起訴獲得 逮捕されても前科を回避する弁護士

2016-04-28

静岡の当て逃げ事件で不起訴獲得 逮捕されても前科を回避する弁護士

地方公務員Aは、車で通学している途中に、停車していた他の車にぶつかってしまいました。
もちろん、Aは衝突に気付いていました。
しかし、急いでいたため、この物損事故について警察に届け出ることなく、また、被害者と話をすることもなく、その場を離れてしまいました。
被害者は、ケガをするなどの被害は受けていないものの、愛車が傷つけられ怒り心頭の状態でした。
被害者の通報により捜査した静岡県警浜松中央署は、Aを被疑者と特定して、当て逃げの容疑(道路交通法違反)で逮捕しました。
(フィクションです)

「前科がつくと続けられなくなる可能性がある職業」

例えば、不起訴にならず、起訴されて禁錮刑以上の刑が課された場合、
・国家公務員
・地方公務員←Aはこれ
・保育士
・公認会計士
などは欠格事由となります。

また、欠格となる期間も職業によってきめられています。
執行猶予であれば、その期間中はずっと欠格となります。
また、懲役4年等の実刑になれば、公務員はその実刑期間満了まで欠格の期間となります。
また、一般企業の会社員で欠格事由などが法律上定められていないような場合でも会社の内規によって、前科が会社の解雇理由になっていたりもします。
ですから、自らの職を保つためにも、不起訴による前科回避が重要なのです。

弁護士事務所弁護士に相談へ来られる方の多くは、「何とか不起訴にしてほしい」という相談です。
不起訴を求める理由は人それぞれですが、一番多いのは、欠格事由にあたり、職が無くなるのを避けたいという理由です。
逮捕等がされ、そのまま起訴されて処分を受ければ、前科がつくことになってしまいます。
そして、前科がつけば、欠格事由に該当し、失職してしまう職業もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門ですので、数多くの刑事事件を扱ってきました。
前科回避は極めて難しいと考えられる事案でも、検察官を説得し、適切な証拠を示すことで不起訴となった事案もあります。
静岡の当て逃げ事件で不起訴になって前科がつくのを回避したいなら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(静岡県警浜松中央警察署 初回接見費用:4万6560円)

兵庫県の当て逃げ事件で誤認逮捕 刑事裁判の前に弁護士

2016-02-13

兵庫県の当て逃げ事件で誤認逮捕 刑事裁判の前に弁護士 

兵庫県明石市に住むAさんは,ある日,兵庫県警明石警察署の警察官に当て逃げの罪で逮捕されました。
その根拠は,事件現場の目撃者の証言です。
ただし,目撃者の証言には,明らかに客観的な証拠との矛盾が認められました。
兵庫県警明石警察署は,あろうことか,その点を見逃して逮捕に踏み切ってしまったのでした。
Aさんは,誤認逮捕に憤慨していますが,知り合いに弁護士がいるわけでもなく,なす術がありませんでした。
(フィクションです)

~誤認逮捕~

上記の事例は,当て逃げ事件誤認逮捕が行われてしまったという作り話です。
Aとしては,早期に弁護士を選任して,不当逮捕であることを証明しなくてはなりません。
しかし,知り合いに弁護士がいていつでも助けてもらえるという方は,なかなか少ないでしょう。
Aさんもその一人だったわけです。
今回は,あくまでフィクションですが,もしこれが本当に起こったら,大変なことです。

逮捕された時のことを想像してみてください。
外部との連絡は自由にできません。
取調べは淡々と進められます。
この間,何もしなければあっという間に刑事裁判です。

~弁護士による面会~

誤認逮捕のケースでまずすべきなのが,弁護士と被疑者との面会です。
この制度を利用すれば,留置場にいる人は弁護士と直接話す機会を得ることができます。
弁護士事務所などのサイトを見ていると,特に逮捕直後の接見が重要だということはよく書かれていることです。
逮捕直後は,特に取調べ対応のアドバイスが必要ですし,被疑者が抱いている精神的な不安を和らげてあげる必要性も高いからです。

ただ,接見が利用されるのは,こうした場合だけではありません。
例えば,弁護士が淡々と進んでいく取調べの状況を確認するために,被疑者・被告人と接見するという場合もあります。
また,起訴後には勾留されている被告人と弁護士が刑事裁判に向けた打合せを行うためにも利用されます。

あいち刑事事件総合法律事務所は,誤認逮捕されたという法律相談も度々お受けします。
当て逃げ事件の場合,犯人は現場から逃げてしまっているわけです。
そのため,誤認逮捕のリスクは,比較的高い犯罪類型と言えるでしょう。
弊所では,弁護士による無料相談だけでなく,弁護士による面会も即日対応できます。
当て逃げ事件でお困りの方は,お気軽にお電話下さい(0120-631-881)。
(兵庫県警明石警察署の初回接見費用:3万9900円)(なお、今回は、前回の予告から内容を変更しました。ご了承ください。)

京都市の当て逃げ事件で逮捕 無料相談の弁護士

2015-12-04

京都市の当て逃げ事件で逮捕 無料相談の弁護士

京都市左京区在住20代男性会社員Aさんは、京都府警川端警察署により道路交通法違反(当て逃げ)の容疑で書類送検されました。
京都府警川端警察署から呼び出しを受けたAさんは、心配になり交通違反・交通事故に強い弁護士事務所無料相談に行きました。
無料相談では、今後の見通しを中心に相談をしました。
(今回の事件はフィクションです。)

~無料相談サービスについて~

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、無料相談を実施しております。
交通事故・交通違反事件を起こしてしまい刑事処罰されるのか不安
◆身内が交通事故・交通違反事件で逮捕されてしまいどうしたらいいのかわからない
交通事故・交通違反事件の刑事裁判にどう対応していいのかわからない
などといった方は、是非当法律事務所の無料相談へお越しください。

~当て逃げについて~

当て逃げとは、物損事故を起こした場合に、危険防止措置義務を怠って事故現場から離れることで成立する道路交通法違反の犯罪行為です。
交通事故を起こしてしまっても物損事故でとどまれば、壊した物の賠償責任が問題となるだけで、道路交通法違反の罰金刑や懲役刑に問われることはありません。
前科もつくことはありません。
しかし、物損事故を起こしたまま、その場から立ち去ってしまった場合、当て逃げとして刑事処罰を受けることになります。
当て逃げ(道路交通法違反)についても無料相談を行っております。
無料相談をご希望される方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。

当て逃げ事件について無料相談をされたい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
無料相談のみ希望される方でも受付けておりますのでご安心ください。
無料相談の対象事件か否かは、専門スタッフが常に対応できる状態ですので、まずはお問い合わせください。
(京都府警川端警察署 初回接見料:40000円)

大阪市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

2015-11-23

大阪市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

大阪市住之江区在住40代男性公務員Aさんは、大阪府警住之江警察署により当て逃げ道路交通法違反)の容疑で書類送検されました。
前科が付くのを心配したAさんは、不起訴に強い弁護士事務所に電話をしました。
Aさんの当て逃げ行為が不起訴処分となるかを、交通違反に強い弁護士に相談しました。
(今回の事件はフィクションです。)

~前科と交通違反~

当て逃げ(道路交通法第117条の5)の法定刑は、1年以下の懲役または10万円以下の罰金です。
当て逃げ道路交通法違反)事件を起こして、罰金刑以上の刑を受けてしまうと前科が付いてしまいます。
前科が付いてしまうと、資格の欠格事由に該当し、資格を失ってしまう可能性があります。
例えば、上記例のAさんは公務員ですが、公務員の場合、禁錮刑以上の刑が確定(執行猶予も含む)した時点で失職することになります。
公務員に限らず、特に国家資格に対する処遇は、この欠格事由にあたるか否かによって大きく変わってきます。

~不起訴処分と交通違反~

当て逃げ道路交通法違反)を起こしたことに争いがない場合、被害者との示談をすることで不起訴処分となる可能性があります。
特に、過去に同様の前科がない初犯の方であれば、被害者の方と示談をすることでより不起訴処分となる可能性が高まります。
起訴猶予による不起訴処分となれば前科はつきません。
当て逃げ道路交通法違反)を起こしてしまい、不起訴にしてほしいとお考えの方は、交通違反に強い弁護士に相談されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、示談などにより不起訴処分を獲得した経験豊富な弁護士が在籍しております。
当て逃げ道路交通法違反)・ひき逃げといった交通事故・交通違反事件も多数取り扱っており、中には不起訴処分を獲得したものもあります。
まずは、当法律事務所まで電話にてお問い合わせください。
(大阪府警住之江警察署 初回接見料:36000円)

京都市の当て逃げ事件で逮捕 執行猶予の弁護士

2015-11-11

京都市の当て逃げ事件で逮捕 執行猶予の弁護士

京都市西京区在住20代女性会社員Aさんは、京都府警西京警察署により当て逃げ(道路交通法違反)の容疑で取調べを受けました。
会社に知られたくないAさんは、示談に強い法律事務所に相談に行きました。
示談交渉の依頼を受けた交通違反・交通事故事件に強い弁護士は、執行猶予獲得を一つの目標として弁護活動を始めました。

今回の事件は、フィクションです。

~当て逃げの法定刑~

当て逃げの法定刑は、1年以下の懲役または10万円以下の罰金です(道路交通法第117条の5)。
当て逃げの法定刑を見る限り、罪としては軽い部類に入ると思われます。
しかし、初犯の方であっても罰金処分となる可能性があり、過去に同種の前科があればさらに重い処罰となることもあります。
もっとも、懲役刑に執行猶予が付く可能性は十分に考えられます。

~当て逃げと示談~

当初は当て逃げとして事件が進んでいたが、途中で診断書などが提出され、人身事故に代わってしまうケースもあります。
この場合、人身事故とひき逃げの罪に問われることとなり、法定刑が厳しいものにかわります。
当て逃げや当て逃げがひき逃げに変わってしまった後でも、刑事処罰を軽減する方法に被害者との示談交渉があげられます。
被害者の方と示談締結をすることで、刑事処罰が軽減される可能性が高まります。
示談交渉を有効に進めるには、示談交渉に強い弁護士に依頼することをおすすめします。

当て逃げ事件などで、示談交渉をお考えの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお問い合わせください。
示談交渉を成功させ、執行猶予に結び付けた実績を多数誇る弁護士が在籍しております。
交通違反・交通事故事件を多数取り扱っている弁護士事務所ですので、示談交渉などの経験は豊富にございます。
まずは当事務所までお問い合わせください。
(京都府警西京警察署 初回接見料:39700円)

名古屋市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

2015-10-31

名古屋市の当て逃げ事件で逮捕 不起訴の弁護士

名古屋市中川区在住50代会社員Aさんは、愛知県警中川警察署により当て逃げ道路交通法違反)の容疑で取調べを受けました。
愛知県警中川警察署によると、Aさんは駐車場に駐車する際に自車の右前部を被害者の車に当て、そのまま立ち去ってしまったようです。
不起訴処分を獲得したいと思ったAさんは、交通違反に強い弁護士事務所に相談しました。

~当て逃げと不起訴処分~

当て逃げをした覚えがない又は物損事故を起こしたことを認識していなかった場合、弁護士を通じて不起訴処分又は無罪を主張していきます。
物損事故に気付いていない場合は当て逃げが成立しません。
この場合、弁護士を通じて事故現場の状況などから、事故発生を認識するのが困難であったことを主張し、不起訴処分又は無罪判決の獲得を目指します。
一方、当て逃げをした覚えがない場合は、事件発生時のアリバイなどを指摘し、当て逃げを立証するのに十分な証拠がないことを主張していきます。
いずれにしても、不起訴処分又は無罪判決のためにできる弁護活動はあります。

~不起訴処分の効果~

不起訴処分を獲得することができれば、前科も付かず、正式裁判になることもありません。
不起訴処分であれば、今まで通りの生活をすることが可能です。
また、不起訴処分となれば、身体拘束も解かれ、釈放されます。
当て逃げ事件を起こしてしまった方は、そのまま放っておくのではなく、交通違反に強い弁護士に相談しましょう。

当て逃げ事件でお困りの方は、不起訴処分を多数獲得している法律事務所へご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、過去に不起訴処分を多数獲得した弁護士が在籍しております。
交通違反・交通事故に強みを持っている法律事務所です。
まずはお電話にてお問い合わせください。
(愛知県警中川警察署 初回接見料:35000円)

« Older Entries
Copyright(c) 2016 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.