Archive for the ‘免許証偽造・不正取得’ Category

東京都千代田区の免状不実記載事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士へ

2017-07-27

東京都千代田区の免状不実記載事件で逮捕~刑事事件専門の弁護士へ

東京都千代田区に居住するAさんは、住んでいる事実のない住所を、警視庁麹町警察署の交通課の警察官に申立て、自己の運転免許証に不実の記載をさせました。
後日、その事が発覚し、Aさんは免状不実記載罪の容疑で、警視庁麹町警察署に逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~運転免許証に不実の記載をさせる行為~

免状不実記載罪という犯罪を聞いたことのある、知っている、という方は少ないかもしれません。
刑法157条2項には、「公務員に対し虚偽の申立てをして、免状、鑑札又は旅券に不実の記載をさせた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。」と免状不実記載罪の規定があります。

免状不実記載罪の対象とされている「免状」には、運転免許証が含まれます。
また、「虚偽」「不実」とは、申立てや記載が重要な点において客観的事実に反することをいいます。
つまり、免状不実記載罪にあたる行為としては、その内容が不実であることを知らない公務員に対し、虚偽の申立てをし、免状に不実の記載をさせることです。
もし、虚偽の申告が不実だと公務員が認識して、この事実が記載されずに終わった場合は、免状不実記載罪の未遂犯となります。

免状不実記載罪逮捕される例はそれほど多くはありませんので、刑事事件に精通した弁護士に依頼することが重要となるでしょう。
また、免状不実記載罪で逮捕された場合、取調べにおいて警察官から、なぜ虚偽の申立てをしたのか理由を強く求められる可能性もあります。
そうなれば、刑事事件の取調べ対応に詳しい、刑事事件に強い弁護士に依頼し、適正に対処することが必要となるでしょう。

免状不実記載罪等でお困りのことがございましたら、お気軽に弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
免状不実記載罪事件をはじめ、その他多くの刑事事件を扱っている、刑事事件専門の弁護士が対応させていただきます。
初回無料法律相談のご予約や初回接見のお問い合わせなどは、0120-631-881までお電話ください。
24時間いつでも専門スタッフが受け付けております。
警視庁麹町警察署までの初回接見費用:3万5,900円

 

 

【東京都中野区対応】免許証偽造で逮捕されたら弁護士に相談

2017-07-15

【東京都中野区対応】免許証偽造で逮捕されたら弁護士に相談

東京都中野区に住む会社員のAさんは、偽造した運転免許証を銀行にて提示しました。
A三の運転免許証を不審に思った銀行員が、警視庁中野警察署に連絡し、かけつけた警視庁中野警察署の警察官は、Aさんを偽造公文書行使罪の容疑で逮捕しました。
Aさんの逮捕のことを知ったAさんの家族は、東京都の刑事事件専門の弁護士に相談してみることにしました。
(この話は、フィクションです。)

~有印公文書偽造罪・偽造公文書行使罪~

多くの方が持っている運転免許証は、公文書偽造罪における公文書に該当します。
そのため、運転免許証を権限のない人が作成することは、公文書偽造罪の処罰対象にあたります。
また、運転免許証偽造事件の多くは、公安委員会の印鑑も偽造に使用されるため、有印公文書偽造罪が適用されることが非常に多いです。

刑法の有印公文書偽造罪が適用されてしまうと、1年以上10年以下の懲役が科せられてしまいます。
また、偽造した免許証等を使用した場合なども、同様の罰則が科せられます。
有印公文書偽造罪や偽造公文書行使罪の特徴の1つは、罰金刑が定められていない点にあります。
そのため、起訴されてしまうと懲役刑が言い渡されてしまう可能性が高まります。

公文書偽造罪等は比較的重い法定刑が定められているため、少しでも軽い処分を得るためには的確かつ早期の弁護活動が求められます。
有印公文書偽造罪や偽造公文書行使罪等でお困りの方は、早めに刑事事件の経験と知識を有した弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件と少年事件を専門に扱っている事務所ですので、安心してご相談ください。
多くの刑事事件を扱う弁護士が対応させていただきます。
初回無料法律相談のご予約や初回接見費用のお問い合わせなどは、0120-631-881までお電話ください。
24時間いつでも受け付けております。
警視庁中野警察署までの初回接見費用:3万5,000円

静岡県藤枝市の免許証不正取得事件で事情聴取 警察対応相談に強い弁護士

2017-01-20

静岡県藤枝市の免許証不正取得事件で事情聴取 警察対応相談に強い弁護士

静岡県藤枝市在住のAさん(30代男性)は、自動車運転免許の取得の際に、自分の身元を偽って免許証を発行させたとして、道路交通法違反の免許証不正取得の罪で、静岡県藤枝警察署に事情聴取のための呼び出しを受けました。
警察の事情聴取で何を話せばいいのか不安になったAさんは、警察署に行く前に、刑事事件に強い弁護士との相談に行き、警察取調べ対応のアドバイスをもらうことにしました。
(フィクションです)

~免許証の不正取得行為による刑事処罰とは~

運転免許証を「偽りその他不正の手段により」不正取得した者は、道路交通法違反に当たるとして刑事処罰を受けます。

・道路交通法 117条の2の2
「次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」
11号「偽りその他不正の手段により免許証又は国外運転免許証の交付を受けた者」

免許証不正取得による刑罰の法定刑は、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」(無免許運転の法定刑と同じ)とされています。
2013年12月に道路交通法の一部法改正が施行される以前には、無免許運転の罪も免許証不正取得の罪も、法定刑は「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」でした。
現在は、2013年の法改正により厳罰化されていることに、注意が必要です。

また、運転免許証を「偽造」した場合には、刑法上の「有印公文書偽造罪」に当たるとして、「1年以上10年以下の懲役」という法定刑の範囲で、重い刑事処罰を受けます。

免許証不正取得事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、被疑者・被告人が初犯である事情や、不正取得行為態様の悪質性の小ささなどを主張していくことで、不起訴処分の獲得や罰金刑の減軽を目指した弁護活動をいたします。

静岡県藤枝市の免許証不正取得事件でお困りの方は、刑事事件を専門に扱っている、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の評判のいい弁護士にご相談ください。
静岡県藤枝警察署初回接見費用は、0120-631-881まで、お問い合わせください。

京都の免許不正取得事件で逮捕 不起訴に強い弁護士

2016-11-01

京都の免許不正取得事件で逮捕 不起訴に強い弁護士

Aは、虚偽の申告を行い、運転免許証を不正に取得したとして、京都府警東山警察署の警察官により呼び出しを受けました。
Aは初犯で、運転免許証を不正取得した際に、友人のBと一緒に行っており、Bも警察から呼び出しを受けています。
(フィクションです)

~免許不正取得事件で起訴されないためには~

虚偽の申告などにより本物の運転免許証を不正取得した場合、道路交通法違反となります。
運転免許証の不正取得に対しては、2013年の道路交通法改正によって厳罰化され、法定刑が3年以下の懲役または50万円以下の罰金に引き上げられています。

運転免許証の不正取得の場合、初犯であれば略式裁判による罰金処分で済むことが多いです。
しかし、場合によっては正式裁判になることがあります。
また、同種前科がありながら免許証の不正取得を繰り返している人や執行猶予期間中に免許証の不正取得をした人は、実刑判決を言い渡される可能性が出てきます。

今回のAは、初犯ですので、略式裁判による罰金処分になる可能性が高いですが、罰金処分になると前科となってしまいます。
前科を回避するにあたっては、検察官に不起訴処分にしてもらうのがもっとも確実で迅速な方法です。
ただし、不起訴処分となるためには、検察官が被疑者を裁判にかける必要がないと判断しなければなりません。
弁護士としては、いかに検察官が不起訴を相当と判断する材料をそろえるかを必死に考えます。

京都で免許不正取得事件を起こした方は、不起訴に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
弊所では、すべての相談を初回無料で実施します。
弁護士免許不正取得事件不起訴処分になる可能性を、無料で十分に時間をかけて話し合うことができます。
(京都府警東山警察署の初回接見費用:35900円)

愛知県の運転免許証偽造事件で逮捕 素早い接見対応の弁護士

2016-05-18

愛知県の運転免許証偽造事件で逮捕 素早い接見対応の弁護士

愛知県瀬戸市在住のAさんは、愛知県警瀬戸警察署有印公文書偽造の容疑で逮捕されてしまいました。
これまでに何度も、愛知県公安員会が発行する自動車の運転免許証の偽造を繰り返していたようです。
Aさんの家族は刑事事件に強い弁護士に初回接見を依頼した上で、弁護活動をお願いすることにしました。
留置施設にいるAさんは連日の取調べを受けながら、不安な毎日を送っているようです。
(フィクションです)

~被疑者からの接見要請~

有印公文書偽造事件逮捕されてしまった場合、すぐに刑事事件に強い弁護士に依頼することが大切です。
本人が弁護士に連絡することは難しいので、家族や友人を通じてということが多いでしょう。
その際、弁護士は事件の内容を確認するとともに、逮捕された被疑者の不安を解消するために「初回接見」に向かいます。
初回接見についての詳しい内容は本HPの「初回接見・同行サービス」をご覧ください。
初回接見を通じて、事件の内容や今後の見通しを立てることが可能となります。
また、被疑者の精神的不安を和らげるという意味合いもあります。

では、実際の接見はどのように行われるのでしょうか。
もちろん、依頼者からの要望に応じて接見に向かうこともあります。
それ以外にも、被疑者からの接見要請に応じて接見に向かうこともあります。
接見をする権利は、弁護士や被疑者にとって最も重要な権利のうちの1つであるといえます。
被疑者から「弁護士を呼んでほしい」と要請を出すこともできるのです。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、ご家族や被疑者本人の要望に応じ、素早い接見対応を行います。
刑事事件専門の弁護士がベストな対応をさせていただきます。
留置施設での生活は肉体的にも精神的にもしんどいでしょう。
だからこそ、専門の弁護士による心強いアドバイスが必要なのです。
運転免許証偽造事件でお困りの方は、是非、弊所までご相談ください。
初回の相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。
(愛知県警瀬戸警察署 初回接見費用:3万9600円)

三重県の免許証不正取得事件で逮捕 前科の弁護士

2015-11-30

三重県の免許証不正取得事件で逮捕 前科の弁護士

三重県亀山市在住30代男性契約社員Aさんは、三重県警亀山警察署により免許証不正取得道路交通法違反)の容疑で書類送検されました。
Aさんは、過去に同様の事件(免許証不正取得)で罰金刑を受けており、前科が3件ありました。
前科があったため、心配になったAさんは、免許証不正取得事件に強いB弁護士に相談をしました。
(今回の事件はフィクションです。)

~免許証の不正取得と法定刑~

免許証の不正取得とは、偽りその他不正な手段で運転免許証の交付(再交付を含む)を受けた場合をいいます。
免許証の不正取得を受けた場合、道路交通法違反となります。
免許証の不正取得の法定刑は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です(道路交通法第117条の2の2)。
免許証の不正取得に対しては、2013年道路交通法改正によって厳罰化され、法定刑が引き上げられています。

~免許証の不正取得と前科~

免許証の不正取得をしてしまった場合、初犯であれば罰金処分となるケースが多くみられます。
罰金処分がなされてしまうと、前科が付くことになります。
よく交通違反をしてお金を納付するようにいわれるお金は、反則金といいます。
反則金の場合、前科が付くことはありません。

いわゆる青切符が切られたときは前科は付きません.
しかし、赤切符が切られた場合は前科がつくことがあります。
前科が付かないようにするには不起訴処分を獲得する必要があります。
前科について詳しく知りたい場合は、弁護士事務所にお問い合わせください。

免許証の不正取得といった交通違反でお困りの方は、前科回避の実績を持つ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお問い合わせください。
前科が付かないか不安などといった相談も多数受けた経験があり、実際に前科回避した事案も多数ございます。
前科回避の経験を持つ弁護士も多数在籍しておりますので、まずは電話にて当法律事務所までお問い合わせください。
(三重県警亀山警察署 初回接見料:44200円)

神戸市の有印公文書偽造事件で逮捕 初回接見の弁護士

2015-11-19

神戸市の有印公文書偽造事件で逮捕 初回接見の弁護士

神戸市西区在住30代男性無職Aさんは、兵庫県警神戸西警察署により有印公文書偽造・同行使の容疑で逮捕されました。
兵庫県警神戸西警察署によると、Aさんは、普通自動車の運転免許証を偽造した上で、行使していたようです。
逮捕後、Aさん家族から依頼を受けた刑事事件を専門とするB弁護士は、Aさんのもとへ初回接見に向かいました。
初回接見後、B弁護士はすぐにAさん家族と今後の打合せを行いました。

今回の事件は、フィクションです。

~有印公文書偽造と刑罰~

有印公文書偽造罪の法定刑は、1年以上10年以下の懲役です(刑法第155条1項、2項)。
偽造した公文書を行使した場合(偽造公文書行使罪)も同様の法定刑になります(刑法第158条1項)。
有印公文書偽造・同行使罪の法定刑はご覧の通り、懲役刑のみで罰金刑がありません。
罰金処分がないということは、正式裁判になる可能性が高いといえます。

~逮捕と初回接見~

逮捕・勾留後(接見禁止がついていなくても)ご家族が面会できるのは、基本的に逮捕から数日経った後となります。
ですから、逮捕後、早い段階で面会ができるのは弁護士のみとなります。
そこでご利用をお勧めしたいのが、一部の弁護士事務所で行われている初回接見サービスです。

初回接見サービスとは、委任契約とは別に、弁護士が直接留置されている方のもとへ行き、1回限りの接見するサービスとなります。
初回接見を依頼することで、逮捕後、早い段階で弁護士から適切なアドバイスを受けられるところにあります。
初回接見については当法律事務所までお問い合わせください。

有印公文書偽造・同行使罪逮捕された場合は、初回接見を是非ご利用ください。
刑事事件を専門にした弁護士が最速で初回接見に向かわせていただきます。
初回接見が充実している弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
(兵庫県警神戸西警察署 初回接見料:40800円)

神戸市の免許証不正取得事件で逮捕 不起訴の弁護士

2015-11-07

神戸市の免許証不正取得事件で逮捕 不起訴の弁護士

神戸市中央区在住30代男性会社員Aさんは、兵庫県警水上警察署により免許証の不正取得道路交通法違反)などの容疑で逮捕されました。
幸い、ご家族の方が身元を引き受ける形で釈放されましたが、心配になり不起訴を多く獲得している弁護士事務所に相談へ行くことにしました。
Aさんたちは、今回の件が不起訴処分にならないか、無料相談をしました。

今回の事件は、フィクションです。

~判例の紹介~

紹介する判例は、昭和52年4月1日、東京地方裁判所で開かれた道路交通法違反免許証の不正取得)被告事件です。

【事件の概要】
被告人は東京都公安委員会から自動車運転免許証の交付を受け、タクシー運転の業務に従事していた。
同人は、
・同委員会から再交付を受けた免許証を質屋に質物として預け入れている
・同委員会から再交付を受けた免許証を金融業に質物として預け入れている
という事情を隠し、2度にわたってそれぞれ不正に自動車運転免許証の交付を受けた。

【判決】
懲役4月
執行猶予1年

【量刑の理由】
被告人に有利となる事情
・本件各犯行は、いずれも、金融業者に借金の担保として免許証を差入れたため、タクシー運転の営業上の必要から犯したものであつて、直接無免許運転につながるような危険性はなかつたことが認められる。
・被告人には、業務上過失傷害の前科が三回あるが、道路交通法違反あるいはその他の刑法犯等の前科がない。
・同様の犯行をくり返さない為に父の経営する飲食店の手伝いをしつつ、安定した職業を求めて努力している。

免許証の不正取得道路交通法違反)について相談されたい方は、交通違反・交通事故に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へお問い合わせください。
不起訴処分にしてほしいなどの相談は、多くの不起訴処分獲得の経験を持つ弁護士にお任せください。
不起訴処分に向けた活動を行わせていただきます。
(兵庫県警神戸水上警察署 初回接見料:38400円)

三重県の運転免許証偽造事件で逮捕 釈放の弁護士

2015-10-25

三重県の運転免許証偽造事件で逮捕 釈放の弁護士

三重県津市在住40代男性無職Aさんは、三重県警津警察署により有印公文書偽造罪の容疑で逮捕されました。
三重県警津警察署によると、Aさんは、偽造運転免許証を所持して車の運転をしていたそうです。
三重県警津警察署逮捕されていたAさんは、釈放後、弁護士事務所へ法律相談しに行きました。

今回の事件は、フィクションです。

~判例の紹介~

紹介する判例は、昭和46年12月23日判決、京都地方裁判所で開かれた、有印公文書偽造、同行使、道路交通法違反事件です。

【事実の概要(有印公文書偽造罪の事実のみ抜粋)】
被告人は、E株式会社に自動車運転手として雇われていた。
かねてより顔見知りだった氏名不詳者より、兵庫県公安委員会作成名義のFに対する普通自動車運転免許証を貰い受けていた。
その免許証の写真欄には、写真が貼付してなく、右写真欄を覆うビニールカバーの写真欄上部に位置する接着部分が破れていた。

業務上過失傷害罪に問われ運転免許の効力を停止する旨の処分を受けた被告人は、右の貰い受けた免許証を利用して自己に対する免許証を偽造しようと企てた。
京都市の被告人居室において、行使の目的で、右免許証の写真欄に、ビニールカバーの破れたところから、自己の写真を挿入し同欄に貼りつけたように定着させた。
これにより、あたかも、自己が兵庫県公安委員会から免許証の交付を受けたもののように作り出した。
そして後日、交通取締中の京都府警本部交通機動隊巡査Hより免許証の呈示を求められるや、同人に対し、右偽造運転免許証を真正に成立したもののように装つて呈示して行使した。

【判決】
懲役1年
執行猶予3年

運転免許証偽造(有印公文書偽造)でお困りの方は、刑事事件を専門とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
逮捕後、釈放に向けて動いてほしい、示談をしてほしいなどといったご要望にお応えいたします。
まずは当法律事務所までお問い合わせください。
刑事事件専門の評判の良い弁護士が釈放への近道をアドバイスします。
(三重県警津警察署 初回接見料:42700円)

大阪市の免許証不正取得事件で逮捕 不起訴処分の弁護士

2015-10-13

大阪市の免許証不正取得事件で逮捕 不起訴処分の弁護士

大阪市中央区在住40代男性会社員Aさんは、大阪府警南警察署により運転免許証不正取得道路交通法違反)の容疑で書類送検されました。
同署によると、Aさんは、免許証を不正に取得しよう思い、免許証の再交付を申請したようです。
取調べに対し、Aさんは容疑を認めているそうです。

今回の事件は、フィクションです。

~不起訴の種類~

不起訴処分とは、交通事故・交通違反事件の加害者・容疑者について起訴をするか否かの判断権限を持つ検察官が、刑事裁判を経ることなく事件を終了させる終局処分をいいます。
弁護士の活動によって不起訴処分となれば、刑事裁判が行われないだけでなく、前科を回避することができます。
このように、不起訴処分を獲得することで大きなメリットを得ることができます。

では、不起訴にはどのような種類があるのでしょうか。
交通事故・交通違反事件における不起訴処分は、以下のように処分理由に応じて大きく3種類に分かれます。

・嫌疑なしによる不起訴
→交通事故・交通違反事件の犯人でないことが明白又は犯罪成立を認定する証拠がないことが明白な場合の不起訴処分です。。

・嫌疑不十分による不起訴
→交通事故・交通違反事件について犯罪を認定する証拠が不十分の場合の不起訴処分です。

・起訴猶予
→交通事故・交通違反事件において、犯罪の疑いが十分にあり、起訴して刑事裁判で有罪を立証することも可能な場合だが、特別な事情に配慮してなされる不起訴処分です。

※起訴猶予の「特別な事情に配慮」とは、交通事故・交通違反事件で比較的法定刑の軽い犯罪で、かつ、被害結果が重大でない場合に
・加害者・違反者が深く反省している
被害弁償示談などにより被害が事後的に補填されている
などといった特別の事情を考慮して認められるものです。

運転免許証不正取得事件でお困りの方は、不起訴を多く勝ち取っている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
示談交渉不起訴獲得を得意とする弁護士が在籍しております。
まずは当事務所までお問い合わせください。
(大阪府警南警察署 初回接見料:35400円)

« Older Entries
Copyright(c) 2016 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.